自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/4/18(月) - 2005/4/22(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
1日め

テーマ食育基本法案を知っていますか?

キャスター
古旗照美
古旗照美 管理栄養士

オフィスしょくスポーツの古旗(こばた)です。久しぶりのサーベイ登場で、皆さまのご意見を伺えることをとっても楽しみにしています。一週間どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今回のテーマは、「食育基本法」についてです。皆さん、ご存じですか? 実はこの法律は、昨年に引き続き、先日(4/6)の国会でも議論されましたが、未だに成立しておらず(案)の状態です。

この法律(案)が提出された背景には、「食は生きていく上での土台であり、子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも『食』が重要である(つまり食育は、知育、徳育及び体育の基礎となるべきもの)」と考えられること、また、食生活が多様化する中で起こってきている栄養の偏りや不規則な食事、肥満や生活習慣病の増加、過度のやせ願望などといった「食」を取り巻く問題、さらに最近注目されるようになってきた「食」の安全上の問題や、「食」に関する情報の氾濫などを危惧して立案された経緯が伺えます。

このようなことから「食育基本法」が提出されたわけですが、皆さんはこの法案に対してどのように思われますか? この法律ができれば、「食」を取り巻く問題が少しずつでも解決されていくでしょうか?

また、2005年度に農林水産省、厚生労働省、文部科学省が「食育推進」を目的にはじき出した予算概算要求金額は、前者から8億円、5.6億円、5.8億円であり、三省庁で約20億円にものぼります。これだけの予算を使って「食育事業」が推進されていくとしたら、皆さまはどのようなサービスを期待しますか? 是非、そのあたりについてもご意見をお聞かせください。

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english