自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2582
北朝鮮テロ指定解除。あなたは評価しますか?
投票結果
9  91  
23票 244票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

1日目/5日間
働く人の円卓会議
4位
【開催期間】
2008年11月03日より
2008年11月07日まで
円卓会議とは

辺真一
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
辺真一  コリア・レポート編集長
円卓会議議長一覧
米国が先月、北朝鮮が核申告への検証を受け入れる見返りとして、1988年以来20年間取り続けていたテロ支援国……
議長コメントを全文読む
1日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
米国が先月、北朝鮮が核申告への検証を受け入れる見返りとして、1988年以来20年間取り続けていたテロ支援国指定の解除に踏み切りました。「拉致問題が解決されない限り、外さないでもらいたい」との日本の要望は完全に無視されました。まるでダイヤモンドに目が眩んだお宮が寛一を振り切るかのように、米国は「核」のため同盟国の日本を袖にしました。そのため日本国内には「米国に裏切られた」との失望と不満が充満しています。

日本がテロ支援解除に反対した主な理由は、「国家テロである拉致問題がまだ解決していない」「拉致問題解決のテコを失うことになる」との拉致問題絡みに尽きます。
これに対してブッシュ大統領も、またブッシュ大統領とは対立する米民主党の大統領候補オバマ上院議員もこの米朝合意については「北朝鮮の核計画放棄に向け一歩前進した」と評価しています。

米紙ワシントン・ポストはブッシュ政権が北朝鮮と妥協したのは、再度の核実験を阻止するためだったと伝えています。北朝鮮は核実験だけでなく、米国を標的にしたテポドン・ミサイルの発射実験も準備していました。北朝鮮の核とミサイル開発を阻止するには、妥協以外に選択の道がなかったというのが、米国の本音のようです。「核が先か、拉致が先か」との古くて新しい問題に、米国は、自らの国益に沿って「核優先」を決定したまでのことです。

日本のクレームに北朝鮮との交渉にあたったヒル国務次官補は「今回の合意は日本の平和と安全にも寄与するのに」「日本も我々がテロ支援国に指定し、制裁しているイランを制裁していないではないか」と不満をぶつけたそうです。
韓国に「私が他の女性を好きになるのはロマンチックなことだが、お前が他の男性を好きになるのは、それは不倫だ」との格言がありますが、ヒル氏は「日本は身勝手だ」と言いたかったのかもしれません。
あなたは、米国の北朝鮮テロ指定解除、どう思いますか? 意見を聞かせてください。

なお、11月4日(火)にイー・ウーマンユニバーシティで、私の特別講座が開催されます。日本国内の報道を鵜呑みにしていては見えてこない北朝鮮問題の真相をお話しします。米大統領選も間近に控え、日本が今世界でどんな立場にあるのか知りたい、日頃の疑問を解消したいと思う方は、ぜひそちらにもご参加ください。

辺真一
 コリア・レポート編集長
辺真一


関連参考情報
■ 「米大統領選と世界経済はどうなる!?」
イー・ウーマンユニバーシティ 「ニュースを読む」101/102 〜米大統領選をテーマに、ニュースを読み解く〜
■ 「日米同盟は本当に機能していると思いますか?」
外交ジャーナリスト・作家 手嶋龍一氏が問う!
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english