自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第107回 毛利 子来さん

win-win

107
小児科医
毛利 子来さん

予防接種は非常に悩ましくて

毛利

いずれにしても、予防接種は非常に悩ましくて、「国が定めた予防接種を全部受けなくちゃいけない」って、僕はよう言わないし、逆に「全部受けない方がいい」とも全く言えませんね。僕の医院にも、結構ワクチンを置いています。ぼくの孫にもやっています。でも、ホイホイと、そう簡単にやるもんじゃない。

というのは、普通の薬だって、たとえば頭痛がするときに、ちょっと頭が痛くても、我慢ができるうちは飲みたくないよね。だけど、痛くてあまりにも辛いと「薬を飲もうか」ってなる。そういう順番ですね。まして注射だったら、薬を飲めないとか、よほど重くなったときに、しょうがないから注射をしてくださいってなるんで。なのに、ワクチンだけはどうして、何ともない、健康なのに、ポコポコやるんだって思ってしまう。

佐々木

うちの下の子、そう言うんですよ。そういう発想から「嫌だ」って。「医者になりたい」って言っているんですけどね(笑)。

毛利

僕と同意見ですね。8歳で、すごいな。それは、いい医者になりますね。

佐々木

(笑)

毛利

だからやっぱり、悩んで、なかなか物事は決められない。

佐々木

困っているんですよ、私も実は(笑)。破傷風だけは打った方がいいかなと思いながら。

毛利

僕も、予防接種のことを聞かれると困るわけ。打つべしとか、打たない方がいいとか、断言できない。悩ましいんですよ。だから、これはいろんなこと、その方の事情もあるし、その子どもの体質もあるし、いろんなことを考えあわせて、どうするかなって、親と一生懸命グジュグジュ考えて、最後は「えい、やあ!」で親が決めるほかないんですな。

人生、そうじゃないですか? 例えば、この男と結婚したら絶対一生幸せかって、断言できないからな。分からないですよ。だから、それは、分からないことが多いから(笑)。

佐々木

そう言われると、自分の選択がすべて間違っているような気がしてくるから、いきなり不安になるんですけれども(笑)。

18/29

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english