自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第113回 高橋典子さん

win-win

113
バトントワラー
高橋典子さん

外語高校に行ってなかったら

佐々木

本当に今日は、来日中の短い貴重なお時間をいただいてありがとうございます。

高橋

こちらこそ、ありがとうございます。

佐々木

先日、外語高校(神奈川県立外語短期大学付属高等学校)のα(アルファ)祭でパネルに出演したのですが、そのときに高橋さんのビデオレターを拝見して、感動したんです。たぶんホームビデオで、ちょっと薄暗い感じの1人の部屋で撮影なのにもかかわらず、ものすごく美しくて。まずはそれで驚き、それにシルク・ドゥ・ソレイユで主役クラスをって伺って、さらに驚きました。そんな素敵な後輩がいたなんて知らなかったから。

それで、このまえこの対談にもご登場いただいた、外語の先輩、宮嶋泰子さんにご紹介いただいた次第です。私11期ですが、高橋さんは22期。……ですから、カジュアルに対談を申し込んですみませんでした。

高橋

いえいえ(笑)。私の方こそ、ありがとうございます。宮嶋さんからメールを頂いたときもびっくりしたのに、そこから、こんなに広がりがあるっていうのでもびっくりして。でも素晴らしいことだなって思って。

佐々木

でもいい高校でしたよね。

高橋

私は大好きで。外語高校に行ってなかったら、きっと、違う自分になっていただろうなと思います。私、今もそうですけど、すごく、真面目なところがあるんですね(笑)。それで、中学校の時に、自分の真面目というのを抜け出したかったけれど、周りにいる人は知っているわけじゃないですか、自分のことを。だから、抜け出せないところがあったんですよ。

でも外語高校は、私の中学からは私だけ入ったんですね。だからそこに入ったら、周りは知らない人だから、違う自分をまた作れると思ったんです。で、入ってみたら、そういうことだけではなく、周りも個性豊かないろんな人がいるわけですよ。

佐々木

その上、校則もないし、制服もないし。

高橋

そう(笑)。なので、出せるどころか……。

佐々木

出さないわけにはいかないというシチュエーションなんですよね。

高橋

はい。なので、すごく心地よかったです。例えば、物静かであっても、それはそれで個性で認めてくれたり。何も出さなくても、その人をその人のままで認めてくれるようなところもあったので。すごく居心地がよかったです。

佐々木

そうですね。生徒が個性的なのではなくて、どの先生もそれを受け止めている学校全体の環境が素晴らしかった。

1/26

次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english