自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第119回 久保純子さん

win-win

119
フリー・アナウンサー
久保純子さん

久保純子自身としてしゃべることができる

佐々木

それは、仕事の場で刺激を受けるということですか。

久保

ということもありますし、その後で食事やお酒を飲みに行ったときにアドバイスをいただいたり。そういった意味では一歩前に進むことができたかな、と。それで、よくなったのか、よくなくなったのか、というのは分からないんですけど、怖さはなくなったと思います。今までは、アドリブも全くなかったですし、自分の意見を話すこともなかったので、やっとここにきて、培ってきたものを言葉にしていいんだ、という気持ちになりました。

佐々木

少しずつ解れていってるのかもしれないですね。

久保

普通に自分の言葉で話せるようになってきたというんでしょうか。久保純子が、アナウンサーではなくて、久保純子自身としてしゃべることができる言葉が増えてきたという。まだ、怖さはありますけど。

佐々木

NHKという箱の中で、それも、ものすごいスター選手としてずっと育ってきて、スポットライトを浴びていると、きっとはみ出ちゃいけないことがあったりで、相当自制心が働いていたのでしょうね。

久保

そうですね。守りに入っていたと思います。

佐々木

だからでしょうか、たぶん、前にお会いしたときよりも、生き生きしていらっしゃるみたい。柔らかくなってきているのかもしれないですね。

久保

そうですね。気持ちの中では、変化はあります。それから、仕事に対しても、もっと楽しめるようになったというか、型にはまらず。

15/23

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english