自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第143回 秋池玲子さん

win-win

143
ボストンコンサルティンググループ パートナー&マネージング・ディレクター
秋池玲子さん

バイオの技術で解決できるんじゃないか

佐々木

本日は、お忙しい中、ありがとうございます。秋池さんとはよくお会いしているのですが、実は2人きりでお話したことはほとんどなかったので、今日は楽しみにしていました。改めて略歴を拝見すると、大学でバイオの研究。それからキリンビールに行かれて、MITでMBAを取って、マッキンゼー。そして注目された産業再生機構。産業再生機構まで実に着々とキャリアを積んでいらっしゃるわけですよね。

秋池

そうですか? 無駄が多いというか。

佐々木

いいえ、幅が広いです。そもそもなぜバイオに?

秋池

私が高校の頃はバイオが流行ったというか、バイオのことが一般化したころでした。バイオ技術でできることがたくさん世に知られるようになった時代でした。当時高校生だった私は、地球が直面している食糧問題とか燃料の問題とかをバイオの技術で解決できるのであれば、そういう研究ができたら素晴らしいな、と思ったのです。

佐々木

それを高校生のときに?

秋池

はい。でも、私程度が研究者になっても、世界の問題の解決などとてもできません。

佐々木

そんなことはないと思いますけど、それはどちらの高校で?

秋池

群馬県の高校です。

佐々木

でもその頃の高校で「バイオで地球を変えよう」というのは、まだ珍しかったということはないですか。

秋池

どうなんでしょうね。自分なりにそう考えていました。

佐々木

何かきっかけがあったんですか? ご家族がバイオの研究をされているとか、素晴らしい本を読んだとか?

1/24

次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english