自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第143回 秋池玲子さん

win-win

143
ボストンコンサルティンググループ パートナー&マネージング・ディレクター
秋池玲子さん

それで立ち直れないのは嫌だと思う

佐々木

そうですね。でもいろいろトラブルも、やっぱりあるでしょうね。

秋池

なるべくないように進めるということですね。

佐々木

青図を書いて、「これでどうぞ」ってすすめるのではなく、実際に一人一人と会って話をしながらインプリメンテーションをされるわけじゃないですか。最終的にはハッピーエンドで収まるように進めるという仕事ですが、ストレスが非常に多いところにいつも突っ込んでいくお仕事ですよね。たぶん、お好きなんですよね? きっと。

秋池

好きという訳でないと思いますけど。

佐々木

ちょっと怖いような、ストレスフルだっていうことも分かっている、でも先にすごく価値があると分かっているトンネルに突っ込んでいくのが、きっとお好きなんですね。

秋池

好きというよりは、大げさですが義務感ですね。私でお役に立てると分かったら、やらずにいられない気持ちにかられます。私は成長戦略もやりますが、こと再生については、せっかく再生の苦労をして、人が辞めたり報酬が削られたり事業をやめたりしたのに、やり方を間違えて立ち直れないようなことになるのは嫌なのですよね。「これだけやったのだから成功する」というふうにしたいと思うと、ついつい。それで苦労してしまう訳ですが・・・。

佐々木

そういう強い気持ちで仕事に取り組まれていたのですが、今、また、コンサルに戻られて。もちろん再生機構が解散されたということもありますけど、そのまま、どこかの事業に入るのではなく、またコンサルティングのほうに来ているのは、どんな理由からですか。

秋池

機構を辞めるときに、それなりにいろいろ考えたんですけれども……。

佐々木

引く手数多だったでしょうね。

11/24

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english