自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第26回 松井龍哉さん

win-win

26
フラワー・ロボティクス代表
松井龍哉さん

ニッポンって、すごい

佐々木

お忙しい中、お時間いただけてうれしいです。ゲランのパーティー以来ですね。それにしても、最近、毎日のように新聞にロボットに関する記事が出ているようですが、なぜこんなにロボットが注目されるようになってきているのでしょうか。愛知博のせい?

松井

それもありますが、次世代の産業として期待されているものの一つにロボットがあって、これは圧倒的に日本が優位で、世界の中で注目されている産業なんです。各業界の日本企業が力を入れている分野なんですよ。そこにいよいよ日本の超優良企業がロボット開発の発表をし始めたので、経済界もザワザワっとしてきた。

佐々木

ちょっと待ってください、聞きたいことがもう今の文章に凝縮されてます。一つずつ分解してお尋ねしますが、まず日本が優位というのは、技術力に優れているからですよね。それは、たとえばモノを小さくコンパクトにする技術?

松井

そう。ロボットは、いろいろな技術の要素が集まって形になっています。それこそ工場で使っていたロボットの技術とか、高度成長のときに使っていた技術とかがようやく陽の目を見て、いろんなロボットの技術に役立っているというのがあるんです。

佐々木

つまり世界の中心が東京の大田区にあるから、ということですか。今までのさまざまな特化した優秀な技術者による考え方や発明と技術が、日本人の繊細、器用さとあいまって、今まで地味に見えていたものが合体されて、また違う形で表現されるというパワー。

松井

そう、パワーですね。あとはやっぱり、技術者がなんで自分は、技術者になったかというモチベーションの原点を探っていくと、どうやらそれは『鉄腕アトム』だったり、漫画に出てきたロボットが根底にありそうなんですよね。

子どものころにビジュアルや音で受けたインパクトというのは、やはりずっと引きずるものです。たとえば、物質的に貧しかった時代に『奥さまは魔女』を見て、アメリカの冷蔵庫とかテレビとかを見ながら、非常にあこがれを持った世代では、アメリカに行ったりする人が多い。

ロボットに関していえば、僕の先生たちの世代だと、日本が貧しかった時代に手塚治虫先生が見せてくれた未来の世界にカーンとやられたみたいですね。

技術者の夢と、これまでやってきた技術の結晶みたいなかたちで、すごく日本がユニークに一つの産業を作っているというのがあるので、これは大きな技術につながるものではないかというのをみんな考えているみたいなんですけど。

佐々木

それに超優良企業が参画してきて、いよいよビジネスにもなりそうだ、と。

松井

技術的にも優位な部分と、とくに人間の形をしたロボットというのは、どうゆうわけだか日本人は熱狂的に受け入れる傾向があって(笑)。

佐々木

なんか、やっぱりアトムのせいでしょうか、夢もあるし、現実的な感じもするし。

1/18

次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english