自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第45回 銭谷美幸さん

win-win

45
西京銀行専務取締役東京本部長
銭谷美幸さん

決定権を持つ女性が増えると、社会が変わる

佐々木

権限を生かしてっておっしゃったのですが、すごく大切なポイントだと思うんですよね。決定権者として女性が働けることで、初めて、社会が変革していくっていうのはよく分かりますよね。

銭谷

やはり、権限を持つ立場の人間が責任を持って決定しないといけません。実行が大事です、すべて。実行しなかったら、いくらきれいごとを言っても意味が無いのです。世の中というのは変えていくためは、誰かがやらなければいけないというのがあると思います。

佐々木

銭谷さんも、西京銀行に入行されてから、さまざまな決定をされてきたと思うんですが、商品としては、女性向けのローンなどもありますよね。今後やりたいことなどありますか。

銭谷

そうですね、これからもいろいろありますが、まず次にわたしがやりたい、と考えているのは、女性で起業する人を応援するローンです。銀行は男性にはお金を貸すのに、女性には貸さないとたくさんの方から伺います。それはおかしいと思うのです。女性の方が地道に返すので、ある意味銀行としてはリスクも少なくいいと思うんですよね。

資金調達においては直接金融と間接金融をバランスよくやらなくてはいけないと思うのですが、直接金融に向いているビジネスと、間接金融に向いてるビジネスとありますし、女性が始めるビジネスは間接金融向きだと思う点が多くあり、そこには銀行が果たすべき役割があると思ってます。

21/26

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english