自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第51回 玉塚元一さん

win-win

51
株式会社ファーストリテイリング代表取締役社長
玉塚元一さん

創業者である柳井前社長に求められたこと

佐々木

社長になられて3年目。創業者社長の後というのは、ある意味羨ましいし、同時に大きなチャレンジでもあると思ったりもするんですが、実際の3年間。どうですか。

玉塚

社長になった時の状況は、急成長の後、減収減益になったとき。世間でいわれるユニクロブームというのがある意味で鎮静化していったときでした。

ただそれ以前から、柳井さんと役員の間で話していました。創業者が1人で経営するスタイルから、多くの優秀な自立したプロ経営者が、有機的に結合しながら結果を出していく組織に移行しなきゃいけないと。

佐々木

急成長、拡大しての企業の次なるステージ、ということですよね。

玉塚

そうなんです。柳井さんが「責任あるオーナーシップ」とよく言うのですが、たぶん彼が描く理想像というのは、ファーストリテイリングのオーナーとしてのオーナーシップはがっちり持つけれども、経営執行っていうのは別。本当に世界で戦えるようなさまざまな経営者が集まってきて結果を出せる、そういう組織にトランスフォーメーションしていく、ということだと思います。

こういったことは、口で言っても実行しないと上手くいかないし、実行したからといっても最初は失敗してまた戻ったり、揺らぎがあったりするものじゃないですか。その最初のトライアルを、僕がチームリーダーという形で始めたということです。

だから僕としての心構えは、大きいファーストリテイリングの変革の中での1つの渦です。

佐々木

どんな役割を求められたと思いました?

玉塚

やはり、一人ひとりが本当に自分の頭で考えて経営し、結果に対してコミットすること。それで新たな価値を生み出すような経営者もしくは経営者候補がどんどん育ってくるような風土の企業づくりを、リーダーとして、まずはチャレンジしてみろということだと思います。

1/21

次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english