自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第67回 アシハラヒロコさん

win-win

67
インテリア・アーキテクト
アシハラヒロコさん

インテリア・アーキテクト、というんです

佐々木

アシハラさんのご活躍をいつも拝見していましたので、今日はゆっくりお話できるのを楽しみにしてきました。インテリアデザイナーといっても、アシハラさんは、建物の内装だけじゃなくて、家具などもデザインされるんですよね。

アシハラ

そうですね。それが私の生業ですので、そこをお話しさせていただくと、まず肩書きはインテリアデザイナーではなくて、インテリアアーキテクトです。

佐々木

大変失礼いたしました。

アシハラ

いえ、とんでもございません。というのは、これは私が作った造語なので、世の中には認知されていないかもしれません。私は建築家であって、インテリアデザイナーであって、それからインテリアコーディネーターであるという意味を込めて。まあ、肩書きなどよいのですが。

佐々木

では、具体的にはどんな?

アシハラ

都市における景観としての建築、要は箱をどう都市の中に活かすかとか、主張させるか、ということと、勿論、箱の中にも主張があって、双方が呼応しています。しかしながら、住宅というのは、特に中からの視点を忘れてはならないと私は思っているんですね。

私は特に住宅を多く設計しておりますが、住宅とは人を守る最小の核ですから、中に人ありき。その中に人の生活を包括しなければいけないのです。生活を解かなければいけない。

佐々木

生活を包括する、っていう考え方、いいですね。確かに、建物はかっこいいけど、中の家具や住む人となんだかミスマッチ、という家もあるように思います。

アシハラ

昔はコルビジェとかライトとか、建築から家具まで全体を通してのデザインをされていましたし、吉村順三先生もそういう方でいらした。

私の目指す世界は、一言で言えばトータリティということかもしれません。そこに「心地よさ」「安らぎ」が生まれる。そして、それこそが住宅だと思っています。

1/24

次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english