自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第68回 服部 幸應さん

win-win

68
学校法人服部学園 理事長、服部栄養専門学校 校長
服部 幸應さん

世界一、料理のできない子供たち

服部

そう。その次に第二次として、女性が社会に進出していった。ぼくはね、今、自分の周りもそうだけれど、秘書も4人とも女性だけれど、能力が高くてね、女性はすばらしいですよ。だからぼくははっきり言って、女性が世の中に出てくれるのはありがたい。本当に仕事が好きでやってくれているんですね。で、真面目だしね。

でも、子供さんを作ったら、やっぱり預ける。そして共稼ぎになったから余計に、子供と接する時間がないんですね。だからこれが第二次なんですよ。食事の形態が変わってきた。

やっぱり、短時間で物を作る。あるいは作れない。すると、買ってきてチンする。外食にしちゃう。そうすると、子供たちは親が料理する姿を見ていないから、みんなその姿を見ないで育つから、やらなくていいことになるんですね。

世界で一番料理のできない子供を育てた国は日本ですからね。ぼくは76か国を周っていますけれど、アメリカでも、下層階級は別にして、中流家庭になったらば、子供のしつけと食事のことは意識していますよね。まだ半分くらいハンバーガーで済ましちゃうお宅もあるけれども。あと、ヨーロッパは特に。ちゃんとしたお宅はそのシステムを持っていますよ。

ということで、調理済み加工食品等の氾濫、コンビニに行けばなんでも売っているという状況でしょう。もう、そういう環境が出来上がっちゃったんです。

佐々木

百マス計算で有名な陰山先生と対談させていただいたとき、24時間スーパーができた街から、子供の生活や食生活や、学力低下が始まるっておっしゃってました。

服部

おっしゃるとおりですよね。アメリカなんか、どちらかというと1週間まとめて買い物をしてきて、冷凍ばかり。TVディナーもあるけど、あれ、バランスいいんですよ、とりあえず、野菜とか入っている。まずいけど。でも、日本はね、単品でも好きなものだけ買えますから。

佐々木

私も週末は、子供たちと献立を選んで、一緒に買い物に行き、3人でキッチンに立つということを心がけています。

17/28

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english