自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第75回 津山 直子さん

win-win

75
日本国際ボランティアセンター(JVC)南アフリカ現地代表
津山 直子さん

苦しい中でも、歌を歌いながら前進する強さ

佐々木

……悔しかった。権利がないことのつらさを一緒に味わった感じがしたんですね。それでサムと「ホテルにも取材に行ってみよう」って言って、ホテルに一緒に、わざとカメラ回して……。「日本人の女と黒人の男ですけど、泊めさせてください」って(笑)、町のホテルに2人で入っていって、後ろから隠しカメラで撮らせたの。そうすると、やっぱり、私は“名誉白人”だから、「あなたは部屋がありますけど、この連れの黒人は、キッチンの床に寝るならいいよ」とか言うわけです。

津山

でもね、今でも地方に行ったり、白人農場に行ったりすると、まだまだそういう現実があったりするんです。そういう中で、今のサムさんじゃないですけれども……「それが現実だ」ということを、彼らは……。

佐々木

分かっているわけよね。やっぱり見えない壁なのかっていうことが。で、それがやっぱり私たちには見えなかったわけですよ。

ブルームフォンテインでね、黒人が1人も歩いていなければ、私も「変だ」と思ったけど、やっぱり女子学生が歩いていたりね、していたので、「やっぱり、町も変わっただろう」って。しかも、法律が変わって、カメラ担いでいる外国人の私たちといて、そこまでする? っていう感覚も。やっぱり現実を分かっていない部分がたくさんあって、すごく苦しめてしまった。

津山

そういう苦しい中にいるからこそ、黒人たちは、人間としての自分っていうのを保つことを大切にしていると思う。だから私も、南アの人たちから元気をもらったり、そういう苦しい中でも、みんなで歌を歌いながら前進していこうっていう力に押されて、活動してきたのかなって。

19/28

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english