自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第81回 菅家ゆかりさん

win-win

81
フリーアナウンサー フェイスニングトレーナー
菅家ゆかりさん

自分の表情が気になって

佐々木

顔の筋肉トレーニング、と私はイー・ウーマンで呼ばせていただいているのですが、いわゆる「フェイスニング」、菅家さんはどこで学ばれたんですか。

菅家

私が指導を受けたのは、犬童文子さんという方です。私自身、番組での仕事のとき、自分では満面笑っているつもりだったのに、画面を見たスタッフから、「今日は緊張していたね。ちょっと引きつっていた感じがあるんじゃない?」って言われ、「えっ? そんなはず、ないわよね」と思ってVTRを見てみたら、確かに変な表情だったのです。「これはどうしたもんかな」と思っていたら、フェイスニングっていうのを見つけて、「なにもやらないよりは、なにかちょっといいかもしれないな」と始めたのがきっかけです。

佐々木

それは何歳ぐらいの時ですか?

菅家

ちょうど40歳になったぐらいの時ですね。

佐々木

やっぱり20代、30代は、あまり気にしないで来られたけれども、だんだん引力を感じるようになったりしますよねえ(笑)。

菅家

がむしゃらに結構勢いのまま走ってきた20〜30代だったのに。やっぱり女性としていろんな変化がある年齢になったんだなと実感しました。たぶん普通なら、そんなに気がつかなかったと思うんですけれども、たまたまそのとき、石原都知事が就任された最初の年頭の番組での挨拶、という仕事があったんです。それで、粗相のないようにと、スタッフ全体がそわそわしていたので、それにプレッシャーがあったと思うんですけれども、自分で意識がなくても緊張していたのか、顔の強張りっていうのがあったんですね。

佐々木

それで勉強をはじめていって、今では教える側に。そこまでの魅力があった、ということですね。

菅家

変わってきたんですよね。最初は、自分のために行っていたんですけれど、最初の基礎コースをやって、それからアドバンスにどんどん進んでいったんです。

1/24

次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english