自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 「イー・ウーマン」とは > イー・ウーマンの楽しみ方 > 「働く人の円卓会議」とは
「働く人の円卓会議」とは

誰でも参加できる、オンラインディスカッションの場です。

コンセプト

2000年の、イー・ウーマン設立時にスタートし、進化し続けているのが、「働く人の円卓会議」(2008年9月まではイー・ウーマンサーベイ)です。マスメディアを活用すると、どうしても、「一般人」が質問をして、「専門家」が回答するという構図になりがちのコミュニケーションを、インターネットを活用して、より多くの人たちの声が反映される経済社会を作りたいという思いから、企画運営しています。インターネットの3つの特徴「リアルタイム」「双方向」「検索」を活用して、今までのマスメディアとは反対に、専門家からテーマの問いかけがあり、世界中からサイトに参加する一般の人たちが回答をしながら、1週間かけて、互いの意見や提案に耳を傾け、一緒に思考を広げていきます。

また、投稿は、「I statementで書く」ことがルールとなっています。これは、一般論を語るのではなく、自分自身の意見、自分自身の体験、自分自身の提案を、はっきりと「私は」という主語を入れて書くことで明確にする訓練でもあります。「最近私の周りの女性たちには○○が流行っています」という投稿は事実かどうか不明ですが「最近私は○○が気に入っています」という投稿は、その人の事実です。世界各国から、「私」を核にした意見、体験、提案が集まり、分かち合えることは、読み手の思考の選択肢が広がるだけでなく、会議を建設的に進めることができると考えています。

「働く人の円卓会議」が、多くの人たちにとって、学びと刺激のある、思考のストレッチができる場であることを期待しています。


毎週テーマは6つです

毎週土曜日の午前11時に、イー・ウーマンを構成する6ジャンルから、それぞれ代表して6人の議長が登場。各自が「テーマ」を発表し、投稿を受け付けます。


投票できます

すべての円卓会議が、イエス・ノーの投票ができるようになっており、「ゲスト」「メンバー」「リーダー」のどなたでも投票することができます。投票権は、1テーマにつき、1人1票。何度ボタンをクリックしても、1人1票のみカウントされます。円卓会議は、毎日、世界中からの投稿と議長の最新コメントによってディスカッションが進行しますので、毎日読んでいるうちに、月曜日は「Yes」だと考えたけれど、みんなの意見を聞いてみてやっぱり「No」となることもあるでしょう。そのようなときは、あなたの意見を変えることができます。新しく、今までと違う「Yes」「No」ボタンをクリックすると、今までの投票が抹消され、新しい投票が正式にカウントされます。投票の最終日は金曜日。議長から寄せられたコメント、そしてメンバー、リーダーズの投稿を読んで、あなたの最終的な「Yes」「No」を投票してください。

また、投票された方には、イー・ウーマンポイントが1ポイント追加されます。貯まったポイントでプレゼント交換などに応募できます。まずはぜひ、「Yes」「No」の投票という形であなたの意見を表明してください。


投稿できます

円卓会議に参加する醍醐味は、投稿です。まず土曜日から月曜日にかけては、議長から問いかけられているその週のテーマについて、あなたの意見、体験を投稿してください。その後、火曜日から金曜日は、毎朝午前11時にサイトアップされる、ほかの参加者からの投稿や、それを読んでさらに会議を進行している議長からの新しいコメントを読んで、あなたの意見や体験をお寄せください。自分以外の人達がどのようなI statementを寄せてくるのか、また議長は明日はどんな展開で会議を動かしていくのか。1週間のテーマを、さまざまな角度から切り、会議をすすめていくことで、情報量が増えるだけでなく、思考が広がり、選択肢が増えていきます。

毎日、多くの方から寄せられる投稿は、すべてイー・ウーマンが読み、I statementで書かれている投稿の中から、多様な視点を選びサイトに掲載しています。あなたの投稿に、議長からコメントが寄せられることも。毎日昼休みに、その日の議長コメントを読み、投稿して下さい。

お送りいただいた投稿は、イー・ウーマンが選別し、編集・校正を加えた上で掲載します。投稿は100文字以上、230文字以内にまとめ、15文字以内のタイトルをつけてください。また、投稿には、イー・ウーマンポイントが7ポイント追加されます。貯まったポイントでプレゼント交換に応募できます。


議長からの、毎日のコメント

働く人の円卓会議は、参加者の意見だけを掲載するものではありません。毎週そのテーマにふさわしい専門家や、そのテーマについて深い造詣をお持ちの著名人の方を、円卓会議の「議長」(旧:サーベイキャスター)としてお迎えし、一週間ナビゲートしていただきます。円卓会議議長には、Yes/Noの投票結果や投稿の内容をご覧いただき、それを踏まえた書き下ろしのコメントを毎日いただきます。議長のコメントによって、テーマに関するみなさんの理解を深め、考えを進めていただき、コメントにまた投稿をいただくというのが、一週間のサイクルになります。

円卓会議議長の方々は、寄せられた投稿に対して、火曜日から金曜日までの毎日、フィードバックのコメントをしています。中には、日々の投稿の傾向をもとに「明日はこんな意見をお待ちしています」と、テーマの質問内容からさらに一歩踏み込んだ具体的な問いを投げかける場合もあります。ぜひ、テーマの質問だけでなく毎日のコメントも読んで、刻々と変わる議論の流れを踏まえて、投稿をお寄せください。


円卓会議議長のご紹介

これまでイー・ウーマンに賛同してご登場いただいている円卓会議議長はすでに200名以上。村上龍さん(作家)、松本侑子さん(作家)、鳥越俊太郎さん(ニュースキャスター)、假屋崎省吾さん(華道家)、手嶋龍一さん(ジャーナリスト)、藤沢久美さん(シンクタンクソフィアバンク副代表)など、各界で活躍される方々がいらっしゃいます。


ランキングに注目する

毎週6つの円卓会議は、投票・投稿数によって瞬時に順位づけされています。どのテーマも重要で、優先度に差はありませんので、このランキングは大きな意味を持たず、一つのお楽しみにすぎません。しかし実は、円卓会議議長は、1位を目指して、日夜工夫をしながらコメントを執筆しています。


企業・政府・行政機関に円卓会議の結果を届けることも

たとえば、2003年4月に実施した「郵便局のサービスに満足していますか?」(議長:生田正治さん 日本郵政公社総裁)の円卓会議の結果は、イー・ウーマンより日本郵政公社にお伝えしました。また、2007年12月に実施した「少子化でも教育予算は増やすべき?」(議長:陰山英男さん)のリポートは、中央教育審議会でも資料として参加者全員に配布され、会議に活用されました。このように、働く人の円卓会議(旧:イー・ウーマンサーベイ)に寄せられたみなさんの意見が、企業、政府、行政機関などに影響を与えることも多々あります。


過去の円卓会議は「バックナンバー」が読める

2000年から進行している「働く人の円卓会議」(旧イー・ウーマンサーベイ)は、既に2500テーマ以上をディスカッションしてきています。そのすべてが、「バックナンバー」という形で終了後もご覧いただけます。さらに「リーダーズ」に登録されると、バックナンバーを最終日の5日目まで読むことができます。


「イー・ウーマンオブザイヤー」に選ばれることも

みなさんの共感を呼ぶ投稿は、リーダーズ、メンバー、ゲストが集うイー・ウーマンコミュニティへの貢献です。皆さんが「働く人の円卓会議」に寄せる投稿の中から、多くの人の心に残った分かち合いに敬意を表して、「イー・ウーマン・オブ・ザ・イヤー」を開催しています。毎年年末にサイト上でリーダーズ、メンバーのみなさんと議長の方々による選考を行い、翌年授賞式を行っています。


働く人の円卓会議に参加する

→  今週のキャリアの円卓会議に参加する

→今週のニュースの円卓会議に参加する

→今週のマネー&リーガルの円卓会議に参加する

→今週のボディの円卓会議に参加する

→今週のソサエティの円卓会議に参加する

→今週のアクティブライフの円卓会議に参加する

ページ最上部へ
 
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english