自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム>ニュース@>池上彰の『解決!ニュースのギモン』
ニュース@
池上彰の『解決! ニュースのギモン』
〜イー・ウーマンリーダーズの「?」に答えます〜
dot
第14回(3) 2006/02/14
宗教の風刺はどこまで許されるのか
ギエムさん(東京都/会社員/49歳/女性)からのギモン】
イスラム教は現在世界のどれくらいの地域にまとまった数の信者がいるのですか?  欧州紙の風刺画を発端として世界各地で起きているイスラム教の抗議デモ(暴動?) は一体どこまで広がる可能性があるのか知りたいです。
dot
ページ|1234バックナンバーを見る

<2ページ目からの続き>

 イスラム教の場合は「偶像崇拝」の意味を徹底し、ムハンマドの肖像を描くことも「偶像崇拝」になると考えられました。このため、ムハンマドの絵を描くことは許されないのです。ここが、同じ「偶像崇拝禁止」でもキリストやマリアの像を拝むキリスト教とは異なっています。

 さらに、イスラム教徒の中の「原理主義者」と呼ばれる人たちの中には、「偶像崇拝禁止」を拡大解釈し、一般の人々の肖像画や写真まで禁止したり、アフガニスタンのタリバンのようにバーミヤンの仏像を破壊してしまったりするグループもあるのです。

どんな諷刺画だったのか

 イスラム教徒にとって、これほどまでに神聖な存在であるムハンマドを描き、しかもそれが風刺の対象になっているということは、イスラム教徒にとって、二重の侮辱・冒涜ということになります。

 諷刺画の中には、ムハンマドがターバンを巻き、そのターバンが爆弾になっていて、導火線に火がついているというものがあります。ムハンマドを「爆弾テロリスト」視している、というのがイスラム側からの批判です。

 また、自爆テロを起こして天国にやってきた人々に対して、天国の入口でムハンマドが、「ストップ、ストップ、天国にはもう処女がいない」と言っている漫画もあります。これは、イスラム教の聖典である『コーラン』に、「天国に行けば処女たちが相手をしてくれる」という意味の文章があり、イスラム世界では、「ひとりの男性に対して72人の処女が相手をする」と信じられていることを皮肉ったものです。自爆テロ犯は、「聖戦で死ねば天国に行ける」と思っているので、「天国は自爆テロ犯があふれかえり、処女の数が足りなくなってしまった」という意味なのです。

 イスラム教を信じていない人にしてみれば、いささか悪趣味ではあっても単なる諷刺画ということですむかも知れませんが、イスラム教徒にしてみれば、耐え難い侮辱ということになります。

ヨーロッパで諷刺画転載相次ぐ

 デンマークの新聞とノルウェーの雑誌の掲載がイスラム教徒の怒りを買うと、そこは一筋縄ではいかないヨーロッパのジャーナリストたち。フランスの大衆新聞「フランス・ソワール」は、問題の諷刺画12枚を一挙掲載し、「私たちには神を風刺する権利がある」という見出しを掲げました。ただし、この新聞の経営者は、この方針に怒り、編集長は解雇されました。

 それでも、ヨーロッパ各国の新聞は、次々に、この諷刺画を転載しています。イスラム教徒の抗議に屈して掲載しないことは、言論の自由・表現の自由を守れないことになる、というのが、掲載の理由です。こうしてヨーロッパ各国のマスコミが諷刺画を掲載したことで、問題は「ヨーロッパ各国対イスラム諸国」という様相を帯びてきました。まるで、キリスト教社会対イスラム社会という、「文明の対立」になってしまってきたのです。

かつてもあった『悪魔の詩』事件

 ムハンマドを風刺して問題になったことは、かつてもありました。1989年、……

記事の続きを読む続きを読む
dot
前のページに戻る 前のページに戻る
dot


池上彰(いけがみあきら)プロフィール
松本市出身。1950年生まれ。
慶応義塾大学卒業後、1973年NHK入局。報道記者として、松江放送局、呉通信部を経て東京の報道局社会部へ。警視庁、気象庁、文部省、宮内庁などを担当。1994年より2005年3月までNHK「週刊こどもニュース」でお父さん役を務める。2005年3月にNHKを退社し、現在はフリージャーナリストとして活躍。
著書に『そうだったのか!アメリカ』『そうだったのか! 現代史』『相手に伝わる話し方』『池上彰の情報力』など多数。

佐々木かをりのwin-win対談:池上彰さん

池上彰の
『解決!ニュースのギモン』

→ 今週のギモン
→ バックナンバー
→ 池上彰さんとの対談
〜ニュース@トップページ〜
池上彰の
『解決!ニュースのギモン』
現在進行中のサーベイ
イー・ウーマン編集デスク
ニュースヘッドライン
PHOTOリポート
→ 「詳しくはこちら」
→
イー・ウーマンサイトトップページ
世界中のリーダーズから届く写真つき記事を掲載中!
イー・ウーマンオリジナル手帳 アクションプランナー 2007年版 好評発売中!
 
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english