自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム>ニュース@>池上彰の『解決!ニュースのギモン』
池上彰の『解決! ニュースのギモン』
〜イー・ウーマンリーダーズの「?」に答えます〜
dot
第59回(3) 2007/03/06
中国がクシャミをすると日本が風邪をひく
dot
ページ|1 | 2 | 3 | 4 | バックナンバーを見る
<2ページ目からの続き>
 
人民元高を阻止する行動が金余りを生む

 中国で「金あまり」現象が目立つようになった原因のひとつは、中国当局が人民元高を食い止めようとしているためです。

 日本もかつては円が1ドル360円だった時代がありましたが、経済が発展するにつれて、次第に円高になってきました。中国の通貨である人民元も、中国経済が発展すると共に、高くなる傾向にあります。しかし、急激な元高は、中国経済に悪影響があると考える中国当局は、元を緩やかに上昇させようとしていて、元が急に高くなりそうになると、それを阻止する行動に出ます。

 発展する中国経済に注目して海外から投資される資金が増えると、その資金は元と交換されることになります。市場に任せておけば、需要と供給の関係で元高になります。それを阻止するため、中国人民銀行は、大量の「ドル買い・元売り」を実施しています。ドルをいくらでも元と両替するのです。つまり、人民銀行が、せっせと元を印刷してドルと交換するわけです。いくらでも元が出てくれば、元高にはなりません。こうして、元高を防いでいるのです。

 しかし、せっせと元を印刷していれば、国内に大量の資金が出回ります。この資金が、株式投資に回るのです。

 金余り現象が起きた場合、通常は金利を引き上げます。金利が高くなれば、「銀行で資金を借りて株投資」という動きが鈍るからです。事実、中国政府の幹部が、「バブルになっては困る」という趣旨の発言をしたため、「金融引き締めが始まるのではないか」という観測が流れました。そこで、「金融引き締めになったら株価が下がる。その前に株を売っておこう」という動きが出て、大量に株の売りが出ました。その結果、金融引締めが行われるかどうかわからないうちに、株価が先に暴落してしまったのです。

 今回は、日本の株式市場が暴落した理由のひとつとして……
 
記事の続きを読む続きを読む
dot
前のページに戻る 前のページに戻る
dot


池上彰(いけがみあきら)プロフィール
松本市出身。1950年生まれ。
慶応義塾大学卒業後、1973年NHK入局。報道記者として、松江放送局、呉通信部を経て東京の報道局社会部へ。警視庁、気象庁、文部省、宮内庁などを担当。1994年より2005年3月までNHK「週刊こどもニュース」でお父さん役を務める。2005年3月にNHKを退社し、現在はフリージャーナリストとして活躍。
著書に『そうだったのか!アメリカ』『そうだったのか! 現代史』『相手に伝わる話し方』『池上彰の情報力』など多数。

佐々木かをりのwin-win対談:池上彰さん

池上彰の
『解決!ニュースのギモン』

→ 今週のギモン
→ バックナンバー
→ 池上彰さんとの対談
〜ニュース@トップページ〜
池上彰の
『解決!ニュースのギモン』
現在進行中の円卓会議
今日のトップニュース
PHOTOリポート
→ 「詳しくはこちら」
→
イー・ウーマンサイトトップページ
世界中のリーダーズから届く写真つき記事を掲載中!
イー・ウーマンオリジナル手帳 アクションプランナー 2007年版 好評発売中!
 
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english