自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2483
お財布に3万円以上ないと、不安ですか?
投票結果
14  86  
104票 635票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

2日目/5日間
働く人の円卓会議
2位
【開催期間】
2008年06月30日より
2008年07月04日まで
円卓会議とは

小野瑛子
プロフィール
このテーマの議長
小野瑛子 家計の見直し相談センター
円卓会議議長一覧
皆さんのご投稿を読みますと、「ラインが3万円」という方は少数派ですね。85%以上の方たちがお財布には3万……
議長コメントを全文読む
1日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes わかりやすく使いやすくを希望 (ガク・兵庫)
基本、3万円以上入っていると安心します。クレジットカードや電子マネーは、お金の出入りがわかりにくくなってしまい、管理する時間がないので、わかりやすい現金での管理にしたいと思っています。電子マネーは、使用明細をネットなどでチェックしないといけなかったりするし、入金する場所が限られていたりするので、イコカ(関西のJRのICカード)以外は使ってません。財布に入れるカードの枚数が減るとか、明細が機械で出せるようになるとかすると、使う頻度が上がるかも。

yes 「壊れる」可能性への恐れ (Perla・千葉・パートナー無・38歳)
社会人になって間もなく、デパートで偶然気に入った洋服を見つけた時です。あいにく値段相当の現金持ち合わせがなく、クレジットカードを店員に渡しました。が、「カードが機械で読み取れない」と言われ、既に銀行のATMも終わっていた時間帯だったため、結局その洋服は買わずに帰った経験があります。後に調べたところ、カードの磁気不具合であったことが判りましたが、以来カード類の「壊れる」可能性を恐れるようになりました。今も特に買い物、出張、旅行時は10万円は無いと不安です。

no カードでの買い物に罪悪感 (ダル・キッキ・奈良・パートナー無・40歳)
3万円、きちきちのラインです。旅行代金とか家電製品の支払いには、カードで済ませますが、服やかばん、靴などを買う時にはカードを使うのは無駄使いをしているような罪悪感がします。現金が足りない時は、バンクカードで現金をおろしてから買います。

no カード利用 (beans5・千葉・パートナー無・35歳)
私は、海外旅行や国内出張が多いのですが、基本的に、せいぜい2万円程度しか財布に入れていません。後は、クレジットカードで対応します。一回5千円以内程度なら現金ですが、他はほとんどカードにしています。カード利用をすればポイントも貯まるし、お金を持ちすぎてなくすよりは、カードをなくした方が安全なような気がします。

no 現金は持ち歩かない (まんぼうかおりん・長野・パートナー無・37歳)
お財布には2千円も入っていれば安心です。私の場合、小野先生とは反対で、普段細かい買い物もクレジットカードを使います。家に毎月必要な金額を千円札に両替して保持しておき、出費分をその都度カード領収書と一緒に出費扱いにしてとっておくので、出費の管理は出来ています。色々な方法で出費すると把握困難になりますが、私は小額の現金とカードのみなので、とてもシンプルだしポイント確保にも集約できるのでメリット大だと思っています。

no 2万円あれば安心です (Tosuku・東京・パートナー有・48歳)
20代の独身時代から2万円位はお財布に入っているようにしています。根拠は無いのですがそれだけあれば急に何かで必要な際には間に合いそうに思いますので。しかし私のパートナーは、一応会社を経営していますがお財布に五千円しか入れていなくても平気です。いくら「せめて2万円は入れておいたら?」と言っても「現金を使う時は数千円位しか使わないしクレジットカードがあるから大丈夫」なのだそうです。それでこれまで問題は無かったようなので私には不思議です。

no だいたいデビットで済ませます (palka・アメリカ・パートナー有・28歳)
私は大概の買い物にはデビットカード兼クレジットカードを使うので、現金は30ドル程度までしか持ち歩きません。オンラインでいつでも利用額と残高が確認できるので、私にとっては現金を管理するよりも分かりやすいです。ただ、飲食店でクレジットで支払いをすると、チップを余計に加算して金額を多めに取られることがあるため、それを避けるために、外食するときには必要な分だけ現金を持っていきます。アメリカも、同じ銀行であれば24時間手数料なしでATMが利用できるのがとても便利です。

no 100円でも (LoveAndPeace・千葉・パートナー有・32歳)
生活のほとんどがクレジット決済です。お財布は2,000円あれば充分です。家計簿をつけるのが面倒なので、クレジットの明細を家計簿代わりに使っています。電子マネーは明細を出すのが面倒なので、交通機関以外では利用しません。クレジットカードにICが付いているのですが、サインレスになっていないところも多いのが難点でしょうか。

no あると使ってしまう (李埜・千葉・パートナー無・25歳)
電子マネーのスイカだと入っている金額は決まっています。クレジットカードだと次の月に少し節約すればいいや…… と安易な考えを持ってしまうので、できるだけカードも持たないようにしています。肝心の現金は、社会人になっても通勤の電車賃とバス賃のみです。全く不安ではないです。もし、欲しい商品があれば、次の日に現金を持ってきて買うことにしてます。もし、その欲しい商品が次の日になければ、それはそれで買わなくて結構ですよと商品が言っている証拠です。

no デビットカードは危険 (ヨシエリアン・USA・パートナー有・40歳)
アメリカに住んでいるので、ふだん財布には60ドルぐらいしか入れていません。食料品や日用品の買い物にはデビットカード、100ドル以上するものにはクレジットカードを使っていますが、最近、デビットカードはスキミングの被害に遭いやすく危ないという記事が新聞や雑誌などに載っています。やはり、現金での支払いが一番足がつきにくくて良いのではと感じています。かといって、現金をたくさん持ち歩くのも怖いし、悩ましいところです。
2日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
「電子マネーを上手に使いこなすには、管理が大切です」
皆さんのご投稿を読みますと、「ラインが3万円」という方は少数派ですね。85%以上の方たちがお財布には3万円以下しか入れていない、キャッシュレスの時代が進んでいるんだなぁと、あらためて感じました。私はちょっと遅れているのかも(笑)。

ガクさんと私は、お金の使い方が似ていますね。クレジットカードや電子マネーは管理がしにくいような気がして、日常の買い物は現金ですませています。それに、小さなお店などは、いまだにカードを使えないところもありますし。また、ダル・キッキさんがおっしゃる「服やかばん、靴などを買う時にカードを使うのは無駄使いをしているような罪悪感」が私にもありますね。多忙だった頃は買い物に時間をかける余裕がなかったため、割りと衝動買いが多かったので、余計そう感じるのかもしれません。

Perlaさんがおっしゃる「壊れる可能性」にも不安があるんですよね。以前、海外で磁気不良になり、とても困ったことがあります。その後はクレジットカードを2枚にし、壊れたときの予備に使っていますが、店によってはスキャナー部分の整備を怠っていて、そのために磁気不良状態になることもあるようです。

現金を持ち歩かないという方の多くは、クレジットカードを活用なさっているようですね。「お金を持ちすぎてなくすよりは、カードをなくした方が安全なような気がする」というbeans5さん。たしかにカードには保険がついているけれど、現金には原則として保険はありませんから、安全性はカードのほうが高いでしょうね。Tosukuさんのパートナーさんもカード派とのこと。経営者であれば、大きなお金を使うことも多いでしょうから、かえって現金よりカードのほうがいいのかもしれません。

まんぼうかおりんさんとLoveAndPeaceさんは、カードを完全に使いこなしていらっしゃいますね。まんぼうかおりんさんは「小額の現金とカードのみ」で、LoveAndPeaceさんは「クレジットの明細を家計簿代わりに」使っていらっしゃる。日々の買い物にも使っていればポイントがたくさん貯まるし、ここまでくれば、まさにキャッシュレス時代といえるでしょう。まれにしかカードを使わない私は、送られてくる明細書にもあまり目を通さないし(最近はメールでのオンライン連絡に切り替えて目を通すようになりましたが)、かえってカード管理がルーズになりがち。たまたま高額な買い物が重なったときは、翌月の支払いに慌ててしまうこともあります。

カードも現金も持たない李埜さんの暮らし方は、とってもスッキリしていますね。売り切れていたら、「買わなくて結構ですよと商品が言っている証拠です」とサッパリ諦めてしまう潔さ、格好いいですね。私も李埜さんのような暮らし方をしてみたいです。今月はそうしてみようかな(笑)。

アメリカから投稿くださったpalkaさんとヨシエリアンさんのご意見は、非常に参考になりました。アメリカでもデビッドカードが普及しているんですね。便利な反面、スキミングの被害に遭いやすいという弱点もあるそうで、今後の電子マネーのあり方について考えさせられました。以前、電子マネーの世界は高速道路のようなものだと聞いたことがあります。ゲートが一ヶ所破られると、芋ズル式に資産のすべてに被害が及ぶのが電子マネーの怖さ。私はネットでクレジットカードを使うこともあり、セキュリティはほんとうに大丈夫なのかなと不安になることがあります。

明日も引き続き、皆さんと現金・カードの付き合い方についてお話していきたいと思います。クレジットカードを活用なさっている方はカード管理の方法や、ネット上でのセキュリティ・チェックポイントなどもお聞かせいただければ嬉しいです。クレジットカード以外の電子マネーをお使いの方は、その種類や方法についてお話ください。たくさんのご投稿をお待ちしています。

小野瑛子
家計の見直し相談センター
小野瑛子


関連参考情報
■ 「よく使うのは、現金よりカードですか?」

■ 「デビットカード持ってますか?」
2000年3月からデビットカードの本格サービスが開始
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english