自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:1764
マネーの勉強会に参加したことありますか?
投票結果
31  69  
304票 684票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

5日目/5日間
働く人の円卓会議
4位
【開催期間】
2005年11月21日より
2005年11月25日まで
円卓会議とは

浅井秀一
プロフィール
このテーマの議長
浅井秀一 ストックアンドフロー代表
円卓会議議長一覧
投票してくださった方のうち、「YES(=参加したことがある)」が約3割という数字だったのは、すごいことで……
議長コメントを全文読む
4日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes FPが本領発揮出来る場を (matsu-16・愛知・パートナー有・42歳)
先日、ラムネ&タマさんが提案されていた「複数のFPによるパネルディスカッション」が活発に行われるようになれば、各FPによる考え方の違いが出て、非常に参考になると思います。独立系FPの中で、現実にFP業務だけで生計を立てられる人はごく少数と感じています。収入を得るために、金融機関や不動産等の営業セミナーに一役買ったり、ターゲットを絞り込めずに、内容の薄い勉強会を開いたりしているのが実情ではないでしょうか。解決策としては、FPがFPとしての本領を発揮できるような場をたくさん作り、たくさんの人に対して自分のメッセージを送ることだと思います。選択の幅が広がることはマネーに関心のある全員にとっても、大きなメリットのあることだと思います。受けたい勉強会、と言うテーマなのに、開催側の話になってしまいましたが。

yes パートナーと一緒に出席 (楽・大阪・パートナー有・32歳)
パートナーの会社で組合主催のマネー勉強会に、2人一緒に出席したことがあります。それより以前から、FPさんに家計診断をしていただき、加入保険の見直しをしたりして、お互いに「お金」の意識は高めていました。私達の年代には65歳からの年金受給が確定しており、60歳定年ならば5年間の無収入期間が発生します。今からその無収入期間を過ごすための貯金を始めています。勉強会に行くと改めねばならない生活の部分などがはっきりして、良い機会になりますね。夫婦やカップルの場合、どちらかが出るのではなく、2人で出るとお互いの意識が高まり、私はいいと思います。

yes 有料のほうが内容も気合も充実! (NORRY・東京・パートナー有・33歳)
東証主催のセミナーに今年の夏、参加しました。週1回1時間半ほどで全8回、費用は4,000円でした。超初心者向けでしたが内容はとても充実していて、いままでマネー誌で「わかったような気にはなるけど、よくわからない」というモヤモヤした部分がハッキリしました。講義後も親切に質問に答えてくださいました。証券会社や保険会社主催のものと違い、商品を販売する目的ではないので気軽に参加できますからお勧めです。また、多少お金を払った方が「元を取るぞ!」という気持ちになれますので無料のセミナーに何回も参加するよりは1回有料セミナーに参加した方が充実すると思います。

no 土日に株式投資の基礎を (毬栗坊主・東京)
口座を持っている証券会社のセミナーの多くは平日の開催日であったため、参加できずにいました。現在、土日開催の株式投資の基礎を効率良く学べるセミナーを探しているところです。内容・講義時間にもよりますが、1回3,000円〜5,000円で基礎の後に続いてさらにステップアップのための講座やその他の金融商品についての講座など、お手軽な金額でいくつかのテーマがシリーズで用意されていると良いと思います。

no 講義スタイルよりワークショップ型で (junno・神奈川・パートナー有・35歳)
講師の話をただ拝聴する形式より、専門家も含めた参加者でディスカッションしたりするような参加型のものがあればぜひ行ってみたいです。やはりお金の事情は人それぞれなので、他人の成功事例を聞くだけでは、参考になっても、自分にとってはあまり使いでがないような気がします。

no 金融機関や商品の宣伝のないもの (ふろすと・兵庫・パートナー有・43歳)
行ってみたいのですが、時間がないし、それ以上に特定の商品や金融機関との取引を執拗に勧められそうで、また個人情報なども聞かれそうで、なかなか参加しようという気にはなれません。うさんくさい催しもありそうな気がします。

no 講義の通り実践すれば皆儲かる!? (ろみまま・東京・パートナー有・37歳)
参加したい気持ちもあるのですが、セミナーや雑誌に掲載される情報は既に古いものであり、本当にセミナー通り全員がやれば皆儲かってしまうわけで、しかし結果的にそんなのはありえない話なので、結局は自分を磨くしかないのでは、と思います。
5日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
勉強会をオーダーメードしてみませんか
投票してくださった方のうち、「YES(=参加したことがある)」が約3割という数字だったのは、すごいことですね。正直、1割ちょっとかな…と思っていましたので。みなさんのマネーに対する関心の高さと行動力が示された結果だと思います。
さて、マネーの勉強会は「意識付け」的なものと「実利志向」のもの、という2つに分かれるでしょう。たとえば、株式投資を例に説明すると、前者の場合は株の必要性から基礎にかけてのお話で、後者の場合はどの株が儲かりそうかといった内容。後者の話が聞きたい人が前者のセミナーに参加してもつまらないでしょうし、反対の場合も満足感はないでしょうね。つまり、自分のニーズに合ったものに参加するのが大切だということです。もちろん、実利志向の場合、ろみままさんがおっしゃるように、推奨銘柄を買えば儲かるわけではないので、個人的にはあまり興味がありませんが。
会社の福利厚生の一環で行われるものや、FPによるものは、はっきりいってレベル的には非常に低いといえるでしょう。でも、費用面なども考えた場合、「意識付け」としては十分役に立つと思いますよ。ちなみに、楽さん、来年4月から60歳以上の希望者に対する雇用の確保が義務付けられ(とりあえず62歳まで)、数年後にはこれが65歳まで延長されますので、ご安心を。ただし給料はかなり低下するでしょうが…。
今日の投稿で目立ったのは、複数のFPなどによる「パネルディスカッション的な勉強会(セミナー)」に対する要望でした。浅井もこういった場に出ることがありますが、できればお断りさせていただいています。同じレベルのパネラーが、本当に議論を戦わせるような内容ならいいのですが、そうじゃなくて、単なる「なあなあの時間」が過ぎていくだけのものが多いですから。やってても見てても消化不良になっちゃうかも。だから、主催者には「本当のデイスカッション」を要望したいですね。
一方で、銀行や証券会社などのセミナーは人気がないようですが、規模の大きいものは講師も厳選していますし、おすすめできるものが多いと思いますよ。自分の経験則からいうと、大きいところほど運営もしっかりしていますし、顧客獲得ではなく顧客サービス的な考え方で開催できる余裕もあるわけで、活用できるなら積極的に考えてみてはいかがでしょうか。
最後に、イー・ウーマンさんのHPを久しぶりに見たら、株の勉強会の募集が目に入りました。おもしろそうじゃないですか、これ! みなさんの場合は、自分が参加したいテーマや内容を発信して、イー・ウーマンで実施してもらえばいいんですよ。既製品より、オーダーメイド…。ぜひ、話を進めてみてくださいませ。

浅井秀一
ストックアンドフロー代表
浅井秀一


関連参考情報
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english