自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2246
演劇の授業、受けてみたいですか?
投票結果
72  28  
400票 152票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

1日目/5日間
働く人の円卓会議
4位
【開催期間】
2007年08月27日より
2007年08月31日まで
円卓会議とは

丹下 一
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
丹下 一 俳優・演出
円卓会議議長一覧
かねてから日本の小学校や中学校で、音楽や美術(図画工作)という授業はあるのに「演劇」という科目がない……
議長コメントを全文読む
1日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
かねてから日本の小学校や中学校で、音楽や美術(図画工作)という授業はあるのに「演劇」という科目がないことが不思議だと思っています。

「演劇」や「戯曲」という授業が一年を通じて設定されている国もありますが、日本では「国語」の一部として捉えられているようです。

音楽の授業では歌ったり笛を吹いたりしますし、美術の授業では絵を描いたりするのですが、国語の授業で「演じる」という話はあまり聞いたことがありません。

夏の間、僕は高校生を対象とした演劇セミナーや舞台の演出の仕事をしています。ほとんどの生徒が「演劇の授業」で何をするのかまったくイメージがなく「自分はリズム感が悪い」、「運動は苦手」とか「発声練習したことないんです」など、最初に否定感の強い発言をします。僕は「演劇はまず自己肯定からはじまる」と考えています。

「演劇」という授業がもしあったら、あなたは受けてみたいですか?

丹下 一
俳優・演出
丹下 一


関連参考情報
■ 「佐々木かをり対談 win-win > 第82回丹下一さん」
演劇って授業は、幼稚園からあります
■ 「 佐々木かをり対談 win-win > 第102回 平田オリザさん」
演劇をやらないと医者になれないっていう……
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english