自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2001/8/27(月) - 2001/8/31(金)
5日め

テーマ写真は真実を写す?

今日のポイント

写真の真実とは、何だろう? 『フォーカス』休刊の背景とは?

投票結果 現在の投票結果 y59 n41 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
林るみ
林るみ 『person』編集長

今週のテーマをめぐる、みなさんの投稿から、「わたしたちにとって、写真とは何か」という、根源的なことを考えさせられました。写真は、読んで字の如し、日本語では「真を写す」と書きます。しかし、これって、日本……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

本当に人の心を揺さぶるのは……(はっしー)

圧倒的な自然美の写真は感動します。やはり、美しいものには力があるんだと思います。また、人工美というものも、やはり美しさを持っていると感じます。ただ、今でまわっている写真は、「感心」させられるものは多いけど、「感動」させられるものはそんなに多くないような気がします。感心することは、もちろんすばらしいのですが、本当に人の心を揺さぶることは、感動にしかできないのかも。

NO

見る人が真実を想像する(applemint・大阪・未婚・34歳)

テーマを決めて、スタジオでヘア・メイク、衣装などちゃんとセッティングしても、さりげなく撮っても、ファインダーを通して見える事実はそのまま写ると思います。けれども事実の向こうにある、真実は写らないと思っています。良い意味でも悪い意味でも、表面を撮る、表面が写る、けれどもその表面を作るに至った真実を知らせたい、知りたいならば、言葉が補うのではないでしょうか。……真実は、言葉、文章でもって語られるものだと思うのですが。写真だけというのは、見る人がそれぞれその真実を想像する、撮影者の真実を、意図を考えるのが楽しいのではないでしょうか。

真実を必要としているかが重要(バル・埼玉・未婚・37歳)

「週刊誌は嘘ばかり書く」と言うタレント側の主張を受けつつ、休刊に追い込まれることなく書きつづける週刊誌。どっちが本当なのか、そんな読者の半信半疑の気持ちに白黒つけたのが良くも悪くも『フォーカス』だったのではないかしら。真実を写真で捉え、多くの人に伝えたことは評価できるのだけど……。真実としてきちんと見ておくべきものと、見ないで済むのなら見ないほうがよいものが世の中にはある、わたしはそう思います。真実である以上に、それを必要としているか、していないかが重大事なのですよね。

低俗な雑誌は廃止されて当然(KAORI)

以前から報道、マスコミについて腹が立っていました。家族や親戚まで引っ張り出す、ああいった類のものは見ていて醜悪そのもの。以前聞いた話ですが、事件を起こした家族はほとんどが一家離散状態になるそうです。それは報道によって家族の詳細までがああいった雑誌に載り、おもしろ半分の無関係な人間までが、誹謗中傷をするからだそうです。そんな風潮をあおるような低俗な雑誌は廃止されて良かった。でも売れなくなるということは、少しはそういう不快感を感じる人も増えたということだろうか?だとしたら喜ばしい。わたしとて、それなりに面白おかしいのはキライなわけではありません。悪しからず……

紙の無駄づかいです(omame)

写真は「創作」作品です。たとえ、報道写真であっても、撮影者が「真実」だと思っていることが写っているのに過ぎません。写真週刊誌が廃刊に追い込まれるのも無理はないと思います。技術的にもレベルが低いし、撮影者や編集者の志も低い。紙の無駄づかいです。セルフヌードについては作品をほとんど見たことがないのですが、撮られたいという人が大勢いるということがわたしには理解できません。そこまで自分をさらけ出したり、演技したりしなければならないのでしょうか。個人の自由と言ってしまえばそれまでですが、無防備すぎるし、異常だと思います。

OTHERS

真実は一つだけとは限らないのかも(イネムリネコ)

確かに、シャッターの降りたその一瞬の真実がそこにはあると思うけれど、それはやはり一瞬のみのものだから、その被写体の全部ではないのだと思います。過去、現在、未来があり、何者(物)も常に変化していて、それを見る方もやっぱりいつも変わり続けているのだから、その一瞬に移ったものに何を感じるのかも、千差万別でしょう。ということは、真実は一つだけとも限らないのかもしれないな。その時に、その写真に何を感じたかということは、もしかしたら、写真を見たその人の現在の真実を表してしまうのかもしれない。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

今週のテーマをめぐる、みなさんの投稿から、「わたしたちにとって、写真とは何か」という、根源的なことを考えさせられました。写真は、読んで字の如し、日本語では「真を写す」と書きます。しかし、これって、日本語特有の言い方なんですよ。

写真は英語ではPHOTOGRAPH。直訳すると「光画」だとか。写真の技法って、光で絵を描くわけですから。でも、日本人はそれをそう訳さず、あえて「真を写す」と訳したんですね。しかし、英語圏の人たちは、もともと「真を写す」とは考えていなかったというわけですね。

そもそも「真」とは何か。写す人にとっての「真」であって、「事実」とは限らない。どんな写真にも、わたしは写真の撮り手、写真を撮る側の主観が必ず入ってくると思うんです。ドキュメンタリーであっても、もちろん、そう! でも、それだけに、写真が実物よりも力を持つ場合がある。だからこそ、人は、写真を見て、感動するんですね。

わたしは、一枚の写真が、一冊の本よりも雄弁になりうる場合もある、と考えます。だからこそ、日々、ビジュアル雑誌で写真にこだわりつつ、編集作業をしているのが、おもしろいのでありますが。また、写真ってけっこう、こわいなと思うんです。被写体(写された人)以上に、その撮影者の内面を写しだしますからね。みなさん、写真を撮るときには気をつけましょうね。

林るみ

林るみ

『person』編集長

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english