自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/10/28(月) - 2002/11/1(金)
1日め

テーマ住基ネット、横浜方式を支持する。

今日のポイント

個人情報の扱い方を、自分で決定できない現状があります。

投票結果 現在の投票結果 y88 n12
凡例
キャスター
大谷昭宏
大谷昭宏 ジャーナリスト

住基ネット(住民基本台帳ネットワーク)については、当初より十分な論議がされないまま導入され、セキュリティの面など、不安な部分が置き去りにされている。住民票の取得など手続きがシンプルになるという利点がうたわれているが、自分たちの個人情報が漏洩する可能性と引き換えにするほどのメリットがあると、果たして言えるだろうか。

そんな中、今月16日、横浜市の中田市長が片山総務大臣に、市民の個人情報を守るために住基ネットの段階的参加の容認をとりつけた。政府としては、住基ネットへの不参加は違法である――との見解を崩してはいないが、実質的に横浜市への譲歩を示したと言えるだろう。神奈川県も横浜市の「市民選択制」に前向きな姿勢を示した。このほか、東京都杉並区では、市民アンケート調査の実施、独自の条例制定などの手続きを進め、同制度への離脱を表明している。

さて、違憲と言われながらも「市民の個人情報保護」のために、「選択制」を押し進めている横浜市の選択をあなたなら支持するだろうか? 住基ネットについての意見を、あなたが住む街の自治体の体制と比較しながら、寄せてください。

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english