自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム>ニュース@>池上彰の『解決!ニュースのギモン』
ニュース@
池上彰の『解決! ニュースのギモン』
〜イー・ウーマンリーダーズの「?」に答えます〜
dot
第4回(2) 2005/11/22
「北方領土」って、何が問題なの?
dot
ページ|1234バックナンバーに戻る

<1ページ目からの続き>
……日本のものともロシアのものとも決めませんでした。ここには、日本人とロシア人の両方が住んでいたので、現状追認方式では決められなかったのです。このため、その後も、樺太には日本人、ロシア人の双方が暮らしていました。

樺太と千島列島を交換した
  同じ島の中での生活は、やがてトラブルを引き起こします。日本人とロシア人の間で紛争が起きるようになったため、樺太をどうするか、決めなくてはならなくなりました。さて、どうするか。

 樺太は全部ロシアのものと認めるから、千島列島はみんな日本のものとしよう、ということになったのです。【国境の移り変わりを地図で確認】

 こうして1875年に結ばれたのが「樺太千島交換条約」です。樺太はロシア領、千島列島は日本領と取り決めました。樺太と千島を交換したという、大変わかりやすい名前の条約ですね。

 このとき、新たに日本の領土になる千島列島の18の島の名前が列挙されていますが、この中に北方4島の名前はありません。

 つまり、北方4島はすでに日本の領土として確立されていて、千島列島とは区別されていたことがわかるのです。日本政府が、「北方領土は日本固有の領土」と説明するのは、ここに根拠があります。

樺太の南半分が日本の領土になった
 その日本とロシアの間には、残念な歴史もありました。まずは、日露戦争です。日本はこの戦争に勝ち、1905年、樺太の南半分までを日本の領土として獲得します。これを決めたのが、「ポーツマス条約」でした。こうして、日本の領土は、最大のときは樺太の南半分と千島列島全部ということになっていました。

 しかし、やがて第二次世界大戦に。日本とソ連(ソビエト社会主義共和国連邦)は「日ソ中立条約」を結び、相手を攻撃しないことを約束していたのですが、この約束をソ連の独裁者スターリンが破ります。1945年8月、敗北寸前の日本に対して、ソ連が突如、日ソ中立条約の破棄を宣言し、ソ連軍の大軍が、満洲や樺太、千島列島に攻め込んだのです。

 「ソ連は約束を平気で破る」という日本人の意識は、このとき形成されました。

 ソ連軍の大軍が攻撃を開始したのは、8月9日。そこで、……


前のページに戻る 続きを読む
dot


池上彰(いけがみあきら)プロフィール
松本市出身。1950年生まれ。
慶応義塾大学卒業後、1973年NHK入局。報道記者として、松江放送局、呉通信部を経て東京の報道局社会部へ。警視庁、気象庁、文部省、宮内庁などを担当。1994年より2005年3月までNHK「週刊こどもニュース」でお父さん役を務める。2005年3月にNHKを退社し、現在はフリージャーナリストとして活躍。
著書に『そうだったのか!アメリカ』『そうだったのか! 現代史』『相手に伝わる話し方』『池上彰の情報力』など多数。

 
佐々木かをりのwin-win対談:池上彰さん

池上彰の
『解決!ニュースのギモン』

→ 今週のギモン
→ バックナンバー
→ 池上彰さんとの対談
〜ニュース@トップページ〜
池上彰の
『解決!ニュースのギモン』
現在進行中のサーベイ
イー・ウーマン編集デスク
ニュースヘッドライン
PHOTOリポート
→ 「詳しくはこちら」
→
イー・ウーマンサイトトップページ
世界中のリーダーズから届く写真つき記事を掲載中!
イー・ウーマンオリジナル手帳 アクションプランナー 2007年版 好評発売中!
 
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english