自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム>ニュース@>池上彰の『解決!ニュースのギモン』
ニュース@
池上彰の『解決! ニュースのギモン』
〜イー・ウーマンリーダーズの「?」に答えます〜
dot
第8回(4) 2005/12/20
日銀の量的緩和とはなんだろう
Harukawhiteさん(東京都)からのギモン】
日銀の量的緩和について、今までの流れを含めて詳しく教えてほしい。
dot
ページ|1234バックナンバーを見る
<3ページ目からの続き>
……自民党の有力政治家たちは、地方選出。地方は、景気のいい愛知県を除き、まだまだ景気回復の見通しが立っていません。そういう選挙区から選出された政治家にしてみれば、「景気回復に水を差すようなことはやめてくれ」と言いたくなります。

経済界は円高を心配している
  経済界にも、量的緩和解除の方針を心配している人たちがいます。主に輸出産業の人たちです。
  量的緩和を解除すると、海外の投資家は、「日銀は金融引締めに転じるのだな」と受け止めます。量的緩和を解除しても、実際には大した変化はないのですが、海外の投資家には、そんな細かいところまでわかりません。投資家の多数が「日銀が金融緩和の方針を撤回する」と受け止めていれば、判断は間違っていても、世の中は、そちらへ動きます。これを業界では「マーケットが間違う」と表現します。マーケットつまり投資家の判断が間違うことがあるのですが、間違いに気づいた投資家だって、「マーケットが間違っている」と言っているうちに損をしてしまいますから、間違いを承知で大勢につきます。結果、マーケットが間違った方向に大きく動くことがあるのです。
  海外の投資家が、「日銀は金融引き締めに入る」と判断してしまう以上、次には、このような判断をします。「これまでは日本で資金を低利で借り、その資金をドルに替えてアメリカで投資してきた業者が多かったから円安になってきた。これから日本の金利が上昇すると、日本の円をドルに替える動きがストップする。これからは円安に歯止めがかかり、むしろ円高に動くだろう」。
  こう判断すれば、多くの投資家が円高を予想有して、円高になる前にドルを円に替えてもうけようとしますから、結局、円高が進みます。
  円高が進むと、輸出商品は海外での価格が上昇しますね。海外で商品が売れなくなる心配があり、なるべく日本国内の金利が上昇しないことを望むのです。

政府は財政赤字拡大を心配している
  また、財務省は、財政赤字拡大を恐れています。日銀が量的緩和を解除すると、マーケットには、「日銀が金融引締めに方針転換した」と受け取られます。その結果、金利が上昇に転じます。別に日銀は金利を引き上げるつもりはないのですが、マーケットが勝手にそう判断してしまえば、実際に金利は上昇します。
  いまの日本の国家財政は大変な赤字。膨大な国債を発行していることは、ご承知の通りです。これまでは金利がほぼゼロだったので、国債の金利も低くてすみました。しかし、金利が上昇すると、国債の金利も高くなり、政府としては、金利の支払いに追われることになります。財政赤字が、雪だるま式に拡大する恐れがあるのです。
  財政再建をめざす財務省としては、いちばん避けたいシナリオです。
  かくて、日銀包囲網が形成されようとしているのです。
  こうなると、日銀は、「中央銀行の独立性」を守らなければならないという使命感・意地が出てきます。日銀は、どう動くのか。来年2006年は、春に向けて、このニュースがたびたび登場するはずです。そのとき、このコラムのことを思い出してください。

 今年のコラムは、ここまでです。次のコラム連載再開は、新年の1月10日からです。みなさま、どうぞ、よいお年をおとりください、じゃなかった、よいお年をお迎えください。

dot
前のページに戻る前のページに戻る
dot

前のページに戻るこの記事を始めから読む

dot


池上彰(いけがみあきら)プロフィール
松本市出身。1950年生まれ。
慶応義塾大学卒業後、1973年NHK入局。報道記者として、松江放送局、呉通信部を経て東京の報道局社会部へ。警視庁、気象庁、文部省、宮内庁などを担当。1994年より2005年3月までNHK「週刊こどもニュース」でお父さん役を務める。2005年3月にNHKを退社し、現在はフリージャーナリストとして活躍。
著書に『そうだったのか!アメリカ』『そうだったのか! 現代史』『相手に伝わる話し方』『池上彰の情報力』など多数。

佐々木かをりのwin-win対談:池上彰さん

池上彰の
『解決!ニュースのギモン』

→ 今週のギモン
→ バックナンバー
→ 池上彰さんとの対談
〜ニュース@トップページ〜
池上彰の
『解決!ニュースのギモン』
現在進行中のサーベイ
イー・ウーマン編集デスク
ニュースヘッドライン
PHOTOリポート
→ 「詳しくはこちら」
→
イー・ウーマンサイトトップページ
世界中のリーダーズから届く写真つき記事を掲載中!
イー・ウーマンオリジナル手帳 アクションプランナー 2007年版 好評発売中!
 
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english