自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム>ニュース@>池上彰の『解決!ニュースのギモン』
ニュース@
池上彰の『解決! ニュースのギモン』
〜イー・ウーマンリーダーズの「?」に答えます〜
dot
第49回(4) 2006/12/19
防衛省で何が変わるのか
dot
ページ|1 | 2 | 3 | 4 | バックナンバーを見る
<3ページ目からの続き>
 
なぜ「庁」だったのか

 防衛庁が防衛省になったからといって、すぐに大きく変わることはないにせよ、自衛隊の海外派遣が頻繁に行われるようになると、海外で紛争に巻き込まれる可能性も強まります。

 派遣のたびに特別措置法を制定するのでは、効率が悪いのも事実ですが、開かれた国会の場で、国民の代表によって安全性が論議されるのは大切なことです。万が一の暴走に歯止めをかけることにもなります。恒久法を制定するかどうか、今度はこれが国会で論議されることになるでしょう。

 それにしても、と思います。防衛省になることによって、「これで他国の国防省などと同格になる」と喜んでいるとすれば、次は「自衛隊を軍隊と改称しよう」という動きも出てくることでしょう。

 この際、なぜ国防省や防衛省ではなく「防衛庁」として発足したのか、それを改めて考えてみる必要があるのだろうと私は思います。

 そこには、当時の政府に、「憲法違反の軍隊を堂々と持つわけにはいかない」という思いがあったはずです。その思いが、他の省よりも立場が一段「格下」の「庁」として発足させたのだと思います。

 さらに、防衛庁長官と総理大臣という二重のチェック機能も働かせようという考えがあったはずです。

 防衛省になってからも、防衛庁発足当初の思いだけは忘れないでいてほしいと思うのです。
 
dot
前のページに戻る前のページに戻る
dot

前のページに戻るこの記事を始めから読む

dot


池上彰(いけがみあきら)プロフィール
松本市出身。1950年生まれ。
慶応義塾大学卒業後、1973年NHK入局。報道記者として、松江放送局、呉通信部を経て東京の報道局社会部へ。警視庁、気象庁、文部省、宮内庁などを担当。1994年より2005年3月までNHK「週刊こどもニュース」でお父さん役を務める。2005年3月にNHKを退社し、現在はフリージャーナリストとして活躍。
著書に『そうだったのか!アメリカ』『そうだったのか! 現代史』『相手に伝わる話し方』『池上彰の情報力』など多数。

佐々木かをりのwin-win対談:池上彰さん

池上彰の
『解決!ニュースのギモン』

→ 今週のギモン
→ バックナンバー
→ 池上彰さんとの対談
〜ニュース@トップページ〜
池上彰の
『解決!ニュースのギモン』
現在進行中のサーベイ
イー・ウーマン編集デスク
ニュースヘッドライン
PHOTOリポート
→ 「詳しくはこちら」
→
イー・ウーマンサイトトップページ
世界中のリーダーズから届く写真つき記事を掲載中!
イー・ウーマンオリジナル手帳 アクションプランナー 2007年版 好評発売中!
 
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english