自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > イー・ウーマン・オブ・ザ・イヤー2007

イー・ウーマン・オブ・ザ・イヤー2007

「イー・ウーマン・オブ・ザ・イヤー」とは?

年に1回、イー・ウーマンに参加している皆さんの貢献を讃え、感謝の気持ちを込めてイー・ウーマンからお贈りするアワード(賞)。それがイー・ウーマン・オブ・ザ・イヤーです。

授賞式&ミニパーティ参加者からのコメント

  • ribbonカナダから来ました。バンクーバーから700kmほど離れた町に住んでいます。 これまで、インターネットでサイトを見るということは、ほどんどありません でしたが、娘が生まれて変わりました。娘は、ダウン症として生まれました。 海外で、日本の文献など手にする機会もなく、日本語でダウン症について記述 のあるサイトを探しているうちに、イー・ウーマンと出会ったのです。ダウン 症でも良いんだ、幸せなんだ、というメッセージを皆に伝えたいと思っていた ころだったので、ちょうどいい! と初めて投稿。そして、その投稿で、賞をい ただきました。しかし、授賞式はもちろん日本。カナダ人の夫に相談すると、 迷うわたしの背中を押し、快く送り出してくれました。授賞式は素晴らしく、 憧れの佐々木さんにもお会いでき、また、受賞したわたしの投稿に「感動した」 「目頭が熱くなった」とたくさんの方に声を掛けていただき、大変嬉しく思っ ています。娘が生まれてから、いいことばかりで人生がもっと楽しくなりました。 障碍があってもなくてもしあわせなんだ! 今後も、より大勢の方に、伝えてい きたいメッセージです。(EMMYさん:サーベイ・オブ・ザ・イヤー受賞)

  • ribbonすばらしい出会いと気付きの場をご提供していただいてありがとうございました。
    あれから10日も経ってしまいましたが、私の中ではいまだに興奮と、「思い切って出かけてよかった」という気持ちが薄れずにおります。私事ですが、この数年間、体調不良のため休職を続け、昨春に復職したばかりです。 いろいろな面で自信を失い、毎日通勤することで精一杯。「すばらしい出会いと気付きの場をご提供していただいてありがとうございました。 (Ekkoさん:リーダー・オブ・ザ・イヤー受賞)

  • ribbon昨年は仕事で“ドタキャン”、その前はスケジュールが合わずで、今回、4回目の受賞を頂いているにもかかわらず、初の会参加となりました。 多くのリーダーやキャスターの皆様にお会いでき、普段会社では受けることのない、ハイグレードな刺激を受けることができ、とても嬉しく、また楽しく過ごさせていただきました。カナダからいらしたEMMYさんの子育ての話にボロボロと涙してしまいました。 (junetさん:リーダー・オブ・ザ・イヤー受賞)

  • ribbonみなさまのごあいさつに、深く感じ入り、また、直接お話しすることができて、大変楽しい時間をすごすことができました。私がイーウーマンのサイトに出会って、2年たちました。その間、講演者養成講座にも通い、他のいろいろなイベントや講座にも通うチャンスが与えられ、いろいろな人に出会い、私の人生は本当に充実しています。 2008年のテーマは「自立と貢献」です。このテーマの追求には、イーウーマンの存在が大きいです。今年もたくさん参加させていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします。(attiさん:リーダー・オブ・ザ・イヤー受賞)

  • ribbon「PCの画面を通してでしか繋がっていないコミュニティなのに、そこから発せられるエネルギーの強力さ!!! 意思をもった人たちが集うということのすごさを体験しました。人間のエネルギーってすばらしいですね! たくさんのリーダーズの方々とお話ができて本当に楽しい時間でした。話すこと に夢中で食べるのを忘れるほどでした。来年も参加できるようにがんばって投稿 します! (ぴーやんさん:サーベイ・オブ・ザ・イヤー受賞)

  • ribbon昨年は体調を崩し、自信も失いサーベイにも中々投稿できずの空回りの一年でした。でも受賞と伺い、決して無駄ばかりの一年ではなかったのだと思うことができました。本当にありがとうございます。(youyouchanさん:リーダー・オブ・ザ・イヤー受賞)

  • ribbon祝、3年連続受賞! イーウーマンに参加し始めてからというもの、各々の意見を建設的に闘わせて価値あるものを生み出すことができるサーベイを、毎週楽しみにしています。(IPウーマンさん:リーダー・オブ・ザ・イヤー受賞)

  • ribbon今年は自分のキャリア上も転換期になりました。イーウーマンでさらなるキャリアを磨くため今後も勉強させていただきたいと思っています。(tekikiさん:リーダー・オブ・ザ・イヤー受賞)

  • ribbonすごくうれしいです。39歳で初産、41歳で2人目を授かりました。少子化問題についてはこれからも強く意見を言わせて頂こうと思います。(Jasmine0314さん:リーダー・オブ・ザ・イヤー受賞)

  • ribbon栄えある「リーダー・オブ・ザ・イヤー2007」に選出していただき、心より感謝申し上げます。イーウーマンを通じてお会いしたことはなくても、素晴らしい仲間が全国各地、また全世界に広がったことを感じたこの一年でした。 さまざまな意見の交流を通じて、社会における女性の重要性を改めて知ることができました。そしてもう一つ「女性はたくましい」ということを再認識しました。会社勤めをしながら家庭を支える方、経営陣として会社を支える方、それぞれの立場は違えども、女性の本来持ち合わせている支えるという「たくましさ」は時代の波の飲み込まれていないことを知りました。このように一年間、学ぶことばかりで、選出にあたいしない私ですが、素直に喜びとして受け止めさせていただき、来年度、自分の意見を通じて貢献していきたいと思います。(蔵野さん:リーダー・オブ・ザ・イヤー受賞)

  • ribbon温暖化で水没の危機にあるこの美しい町並みを後世に残していきたいという思いで撮影しました。栄誉ある賞をいただき、うれしい気持ちでいっぱいです。 (サンセールさん:photoリポート・オブ・ザ・イヤー受賞)

  • ribbon佐々木さんの手がけられるプロジェクトに一つでも参加できればと思っていたこ とが、実現できた1年となりました。この度は、このような素晴らしいメンバー に選んで頂き、とても光栄です。これからも、様々なプロジェクトに参加させて 頂きつつ、イーウーマンの発展と共に、自分自身を磨き続けたいと思います。本 当に、ありがとうございます。 (ゆらりんさん:リーダー・オブ・ザ・イヤー受賞)

「イー・ウーマン・オブ・ザ・イヤー2007」を開催しました。
会場は始終和やかで温かい雰囲気に包まれました
全員で記念撮影。全国各地、そしてカナダからも駆けつけてくださいました!

イー・ウーマンでは毎年、年に1回、イー・ウーマンに積極的に参加してくださっている方々に感謝の気持ちを込めて、表彰させていただいております。今年も、2006年12月1日から2007年11月末日までに、積極的に参加し、発言してくださった方々をお招きして表彰式、そしてパーティを開催しました。

2008年2月2日(土)、表参道にあるイー・ウーマンに都内だけでなく、北海道、愛知、大阪、兵庫、広島、岡山、長崎、そして、なんと! カナダから63名の方々が集まってくださいました。


とても感動的な授賞式でした。
スタッフ一同、心から感謝しています。
普段はウェブ上だけでしかコミュニケーションできなかった方々と、直接お会いして声を聞き、そして言葉を交わしたことで、ぐっと距離が縮まりました。
みなさまが、イー・ウーマンに寄せてくださっているその思いは、とても熱く、そして愛があふれるものでした。感謝の気持ちでいっぱいです。

キャスターの方々は、お忙しい時間を縫って駆けつけてくださり、その心温まるスピーチに感激しました。パーティでは、時間も忘れ、夢中になってみなさんとお話しました。
本当にありがとうございました。

私たちが提供する場に、多くの方が参加してくださることで、イー・ウーマンは成立しています。どうぞ引き続きサイトへのご参加、リーダーとしてのご参加をお願いいたします。

みなさまには、たくさんのパワーと愛をいただきました。
来年もみなさまにお目にかかれることを、楽しみにしています。

イー・ウーマンスタッフ一同

「イー・ウーマン・オブ・ザ・イヤー」には、4つの賞があります

このなかで、「サーベイ・オブ・ザ・イヤー」「photoリポート・オブ・ザ・イヤー」は、皆さんの投票で選ばれます。(投票の受付は終了しました。たくさんの投票をありがとうございました)。

昨年の様子。全国から約70名のみなさんが大集合!
昨年の様子。全国から約70名のみなさんが大集合!

イー・ウーマンは、「自分で考え、自分で選び、自分で行動する」という人たちの学びと貢献の場です。経験や意見を分かち合うことで、お互いに視野を広げ、選択肢が増えていきます。経験や意見の分かち合いは、自分と周りがwin-winの関係で一緒になって成長・前進していくために必要なことだとイー・ウーマンでは考えています。

毎年「イー・ウーマン・オブ・ザ・イヤー」を発表し、授賞式&パーティを開催し、参加者の皆さんと、さらに交流を深めています。

投票基準について

  • 「“I”statement(アイ・ステイトメント)」であるか
  • その意見を読み、自分の「視野が広がった」「選択肢が増えた」「人生に役立った」「感銘を受けて、人生や行動が変わった」か

ということにポイントを置いて、毎年投票していただいています。

イー・ウーマンが目指しているのは、参加者の方々が知恵や経験をサイト上で分かち合い、それらが社会的な価値となるコミュニティをつくることです。

イー・ウーマンというコミュニティで交わされる知恵や経験は、参加者のみなさんが培ってきたものです。それをみなさん自身の言葉で語り、他者と意見交換することで、お互いの成長の糧にしてほしいと思っています。

イー・ウーマンでは、一般論ではなく、また、他者の「異見」を否定することなく、自分の経験を根拠とした意見を自分自身の言葉で述べることを、「“I”statement」と呼び、最も大切な意見表明方法だと考えています。また、私たち一人ひとりの「“I” statement」によって知恵が集まったものは、価値あるデータベースと考えています。

「サーベイ・オブ・ザ・イヤー」 詳細はこちらから>>
「photoリポート・オブ・ザ・イヤー」 詳細はこちらから>>



ページ最上部へ

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english