自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2181
食事バランスガイド、ご存知ですか?
投票結果
43  57  
313票 410票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

2日目/5日間
働く人の円卓会議
3位
【開催期間】
2007年06月04日より
2007年06月08日まで
円卓会議とは

古旗照美
プロフィール
このテーマの議長
古旗照美 管理栄養士 健康運動指導士
円卓会議議長一覧
投稿・投票ありがとうございます。初日の結果はYesが42%、Noが58%。「知られていないんだなぁ……」という……
議長コメントを全文読む
1日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 参考にしています (かもみぃる・東京パートナー有・)
近くのスーパーで配っていた「百歳元気新聞」(2006年8月31日号外)に、この食事バランスガイドが掲載してありました。切り取って冷蔵庫に張っています。一日に摂取する目安がわかりやすく絵で表示されているので、摂取不足に気づくこともできます。わたしはカロリー計算などの知識がないので参考になります。

yes 詳しくは知らないが (RAY・パートナー有・33歳)
バランスガイドの図は、電車でも見たような気がします。食事のバランス、偏らないように気をつけなければと思っています。ただ、人によっては、体質的な問題とか、何が異常に不足していて病気になりやすいとか、血液検査等で細かく調べないと解らない領域もあると思うので、詳しいことは専門家に尋ね、栄養指導してもらうのが一番ではないでしょうか。

yes 存在は知っていますが (ぺこりん・神奈川・パートナー無・41歳)
理解し、活用してはいないです。食事バランスガイドが表示してある「バランス弁当」も見かけます。お弁当を購入する際には、そのようなものを選ぶようにしています。

yes 本当にこれだけでいいのですか? (Perla・千葉・パートナー無・37歳)
先日、ある大手スーパーの広告に載っていたのを見ましたが、これを「食事バランスガイド」と呼ぶのは初めて知りました。真偽のほどはともかく、美容・健康と食に関する情報が氾濫する中、食事バランスガイドのシンプルさに、本当にこれだけ守ればいいのか?逆に心配になります。

yes ショックでした (みやび屋・東京・パートナー有・33歳)
スーパーで時々目にします。我が家では、穀物をしっかり、野菜はたっぷり、動物性のものは控えめ(たんぱく質は豆類をいろいろ)の和食中心の食生活を心がけています。特に野菜不足には気をつけていて、外食した翌日は肉や魚をかなり控えています。それが当たり前だと思っていたので、初めてこのガイドを見たときは、わざわざバランスガイドを提示しなければならないほど日本人の食生活が乱れてきているということにショックをうけました。

no 食には皆一言あるはず (minamiya・神奈川・パートナー無・39歳)
私は東洋医学信奉者です。乳製品は悪いと思っています。摂取するといいもの:玄米、味噌、豆、少量の魚肉。多くの野菜。三年番茶、標高の高い場所で栽培された中国茶。国の言うことは、あまり信用しません

no 食に気を使う人の利用店などで (non蒼papa・千葉・パートナー有・46歳)
テーマを見てはっとしました。日ごろパートナーが食事に気を使ってくれ、その恩恵をたっぷりうけている実感を持っているのですが、自分がそのための注意を外に向けていたのかと。本当に気を使っているなら、自ら情報を取りにいって当たり前なのにと反省しました。日ごろ目にする新聞、または週末の特集版などに掲載すると目につくでしょうが、「お役所の広告か」と思うと読まないかもしれません。食に気を使う方が利用する食堂や小売、宅配などで取り上げてもらえると効果的かも。

no 知らなかった (りの*2・東京・36歳)
今回初めて知りました。中心に無糖の水分と運動があって、主菜よりも上に副菜があるところがいいですね。我が家はスーパーはほとんど行かず宅配中心なので、見たことがありません。また新聞も購読していないので、例えば自治体の広報紙などと一緒に各戸配布してもらえれば、見ることができると思います。
2日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
「食事バランスガイドが生まれた背景」
投稿・投票ありがとうございます。初日の結果はYesが42%、Noが58%。「知られていないんだなぁ……」というのが、率直な感想です。アンテナの高いイー・ウーマン読者でもこの割合ということは、一般の人たちにはもっと知られていない気がします。

現在、この「食事バランスガイド」は、かもみぃるさんやPerla さん、みやび屋さんがご覧になったスーパーの店舗や広告、そしてRAYさんが見た電車の中吊り広告やラッピング電車、その他にもTVCMで流れたり、学校などにもポスターが貼られています。

しかし、non蒼papaさんがおっしゃるように「お役所の広告か」と思うと読まなかったり、食に感心がない方は情報を読み取ろうとはしないのかもしれませんね。ただ、お役所もその辺りを考慮してか、人気女優やタレントを起用したCM・ポスターなどを作製し、少しでも国民に感心を持ってもらう努力をしているようです。

さて、「食事バランスガイド」をみて、Perlaさんのように「ガイドにしてはシンプルすぎて心配」と思われた方や、minamiyaさんのようにご自分が信仰している食事スタイルをお持ちの方などにとっては、「なんでこれが国の示す食事ガイドなの?」と疑問を持たれたのではないでしょうか。

また、国民の中には「食事バランスガイドのイラストをみても、何がいいたいかよくわからない!」という方もいらっしゃることでしょう。そういう方のために、「食事バランスガイド」が生まれた背景と、活用するときのポイントを紹介したいと思います。

<食事バランスガイドが生まれた背景>
1) 1日の食事の量的な目安を簡潔に示すものであること
2) 日常生活の中で手軽に活用でき、感心のない層にも注目され得るものであること
3) 高い理想を追うよりも、ある程度の幅は許容しながら、食事のバランスが大きく乱れている人たちの食事改善につながるものであること
4) フードシステムの様々な場で、活用・展開が期待できるものであること

<食事バランスガイド活用時のポイント!>
1) 5区分のスペースで「食べる量」を判断
 →目で見て簡単に「何」を「どれだけ」食べたらよいかがわかるように、主食、副菜、主菜、牛乳・乳製品、果物の5区分があること、それぞれの食べる量の多少を一目で捉えることができるように工夫されています。また「コマ」の形は、日本の文化的背景を大事にするという意味も込められています。
2) 嗜好品の位置づけは、楽しみながら適度な摂取を。
 →コマをまわすための紐は長すぎても短すぎても上手にまわすことができないため、菓子や嗜好飲料がここに位置づけられています。
3) 水分補給と運動の重要性
 →コマをまわし続けるためには、軸になる水分補給も必要であること、運動も適度に行い続けなければならないことが示されています。
4) 1日分の食事量を提示
 →コマの横にある数字と文字と料理イラストでは、1日の食事目安量が示しています(身体活動レベルが「ふつう」以上の成人女性(高齢者を除く)や、身体活動レベルが低めの成人男性の1日の目安量2000〜2400kcal)。食材で提示するのではなく、普段私達が口にする料理の形で視覚的に訴えています。また、「つ(SV)」は、各料理の「標準的な給与量の数」を示しています。

いかがでしょう? 上記のような背景があって「食事バランスガイド」は作成されたのですが、まだ「ここがわかり難い」とか、「この点が使い難そう!」というところも多々あることでしょう。

明日はその点について、話を進めていきたいと思いますので、Yesの方もNoの方もそういった視点からご意見お聞かせ下さい。みなさまの投稿楽しみにしています。


「食事バランスガイド」(クリックすると拡大します)



サーベイ【食事バランスガイド、ご存知ですか?】の流れ
1日目:土曜11時掲載=テーマの背景←まずはここから読んでくださいね
2日目:火曜11時掲載(今ご覧のページです)
3日目:水曜11時掲載
4日目:木曜11時掲載
5日目:金曜11時掲載=このテーマの最終日

古旗照美
管理栄養士 健康運動指導士
古旗照美


関連参考情報
■ 「服部幸應さんとのwin-win対談」
何をどれだけ食べたらいいか一目瞭然
■ 「久司道夫さんとのwin-win対談」
「風土に合った穀物を食べなさい」
■ 「カラダにいいことしてますか?」
イー・ウーマンが考える、カラダとは……
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english