自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2272
食料品の値上げ 食卓に影響あり?
投票結果
77  23  
633票 191票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

5日目/5日間
働く人の円卓会議
2位
【開催期間】
2007年10月01日より
2007年10月05日まで
円卓会議とは

道畑美希
プロフィール
このテーマの議長
道畑美希 東洋大学講師 フードビジネス・コーディネーター
円卓会議議長一覧
食料品の値上げを前に、皆さんが、さまざなな工夫をされていることに、深く感心しながら、この1週間、私も……
議長コメントを全文読む
4日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 恐怖です。 (princessmiyaya)
小麦、砂糖、マヨネーズ……。お菓子もパンも買えなくなってしまいます。バイオ燃料なんかより食糧品が大切です。家は農家なのでまだまだ生きられるほうだと思いますが、じわじわと家計が苦しめられており、恐怖です。

yes メディアから (sai1019・広島・パートナー有・28歳)
私はメディアからの情報がほとんどです。新聞で見て、実際にスーパーに行くと、実際に値段が上がっている。しかし、地産地消の直接生産者が販売しているような、青空的市場では、値段の変動はなかったです。それよりも、「自然があまりにも変化しすぎていて、植物は正直だよ。」との言葉が印象的でした。もっと生産者から直接購入する方法。考えています。

yes 値上がってますよね! (雪の小町・アメリカ・パートナー有・38歳)
コスコなどで大きなパックで購入し、小分けして冷凍する、野菜でいためてしまいそうな物も小分けにして即冷凍、すべて1ヶ月以内に使用しきるようにしています。冷蔵庫が空になるまで買い物に行かない。家計簿をつけるようにする。(忙しいときは大雑把になりますが、それでもOK!)料理のレパートリーを増やす!なのでしょうか?値上げがとても顕著なのでこうしたことを実行しています。

yes 食糧は空気と同じ存在ではない (chezclara・東京・パートナー有・50歳)
これから値上げが心配なのは穀物や輸送用の石油。こういった情報はマスコミを通じて知ることが多いですね。パンや麺も値上がりするでしょうね。対抗するには、ご飯を中心に旬の素材ですが、高齢化による耕作放棄や農業を継ぐ人がいないとご飯だって入手困難になる日は近い。食糧は空気と同様という考え方はやめて入手を真剣に考える時期にきています。その一歩が流通業者や生産メーカーとの対話の必要性になるのでしょう。

no USDAマークを選択 (rosette・USA・パートナー有・34歳)
割高ですが、安全とおいしさの理由で、普段から生鮮品・加工品ともUSDA(米国オーガニックサーティフィケーション)マーク付きを選んでいます。マーク無しは、アメリカ国内でさえ信用できませんし、南米からの輸入品であればなおさらです。最近、お気に入りのスーパーのオーガニックオレンジジュースを見かけなくなり、値上がりどころか買えない状況に直面しています。仕方なく普通のものを選びましたが、いつものと明らかに違い、別なスーパーの商品に変えました。
5日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
値上げを機会に、食の背景を知ってほしい
食料品の値上げを前に、皆さんが、さまざなな工夫をされていることに、深く感心しながら、この1週間、私も、主婦としての食生活を顧みるとともに、食産業に身を置くものとしても、いろいろと考える機会となりました。

投稿の中で、生産者のことを考えているという方が、少なからずいらっしゃいました。食料の生産(農業)と食品産業は、かつて、車の両輪と喩えられていました。国内農業が生産した者を、食品企業が加工し、そして私たちがそれを食べる。これがうまく回っていましたが、今では、輸入農産物が増え、また、加工も海外にアウトソースされ、と、この両輪がうまく回らなくなってしまったのです。

これをもとに戻すのは、難しいことですし、必ずしも、国内だけで生産、加工、消費することがいいこととは思いません。が、せめて国内の農業生産が、実りあるものになってほしいと願います。

そろそろ新米のシーズンですが、ここ数年、お米の入札価格は、下がる一方です。60kg当たり平均1万5千円を切る価格です。10アール(100平方メートル)の田んぼから、600kg収穫できれば、優秀な田んぼと言われるのですが、10アールの田んぼから、1年がかりで、年間15万円の収入(経費込みで)しか得られないのです。補助金などのサポートもあるでしょうが、悲しい数字ですね。

単に値上げをしたからといって、生産者のビジネスがうまくいくという訳ではありませんが、こういった食の背景も、理解した上で、食の選択ができればと思います。

値上げという現象のみを捉えるのではなく、値上げをきっかけに、その背景についても、考えておられる方が多くて、頼もしい限りです。企業側、生産者側とのコミュニケーションも活発にしながら、いろいろな立場の人が、食のことを考える機会をつくっていければ、と思っています。

1週間、ありがとうございました。またお会いしましょう。

道畑美希
東洋大学講師 フードビジネス・コーディネーター
道畑美希


関連参考情報
■ 「“食品の廃棄”減らす努力していますか?」
「食を提供する側と、食べる側との対話を」
■ 「中国産食材に不安を感じますか?」
中国からの輸入量のシェアはかなり高い
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english