自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/2/4(月) - 2002/2/8(金)
4日め

テーマ夫婦の財布は、一緒がいい?

今日のポイント

伊藤さんの家計管理ファイル(エクセル)配布中

投票結果 現在の投票結果 y33 n67 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
伊藤宏一

家計管理について考えてみましょう。

(1)家計管理の大原則は、 収入−貯蓄・投資=支出 つまり、貯蓄を先に引いて残りでやりくりするというコンセプトです。決して 収入−支出=貯蓄・投資 つまり、先に使……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

一括管理です。お金を貯めるには向いてます(ひとかげ・神奈川・既婚・41歳)

結婚してからずっと共働き・一括管理です。給与の振込が2ヶ所にできるので、各人の定額お小遣い分を片方の口座へ入れ、残り分が入る2つの口座はわたしが一括管理しています。日々の生活費はわたしの口座から、公共料金・ローンなどはすべて夫の口座から支払います。この方が家のお金の管理もしやすく、お金を貯めるには向いています。1つの家族になったのですから別々で管理するなんて考えもしませんでした。資産はそれぞれが稼いだ分としてそれぞれの名義にしています。各人の名義資産もあって、なおかつ家の総資産もハッキリしてますので、マンション→一戸建てとステップアップしましたし、将来の相談はしやすいですね。

嫌味を言ってしまう自分がいや(名前で呼んで)

夫婦共働きです。今まで別でしたが、子どももいるし、住宅の問題も出てきたので、少し考えようと、わたしが握ることに。本当はお金の管理は苦手。けど、彼はやってくれないので、しぶしぶわたしがしています。彼はお小遣いピンチの時、「悪いけど……」と言ってくるのですが、「えー」と、余計な一言を言ってしまう自分がいやです。休職中で、自分の収入がない今、彼の収入だけでは苦しいことがよくわかりました。お金の管理、誰かいい方法を教えてほしい。

「贈与」にならないように……(mitsuba)

二人とも同じ会社からお給料を得ています。つまり、わたしたちの会社なのですが。ですから、当然のようにわたしが通帳や支払を管理しています(会社経費か個人経費かを判断することも)。あたりまえのようにトータルの収入で考えていましたが、マンションを購入する際、共有名義にしたら、税務署からの質問用紙に「その支払は誰の名義の通帳から支払ったのか?」などの項目があり、うっかりしていると、贈与などの問題につながることを知りました。

管理されてるほうが楽?(aibe・大阪・既婚・26歳)

共働きですが、家計はすべてわたしが管理。夫には小遣いと、必要なときに飲み会の費用や散髪代を渡す程度です。夫の場合、銀行で必ず一万円単位で引き出して、あるだけ使ってしまうので、千円単位で引き出すわたしに管理してもらうほうがいいと言っています。貯金はなるべく平等に分配。外貨MMFなど購入してあげると、「やるねえ〜」と喜んでいます。たまにレジャーで贅沢できるのも、普段無駄遣いしていないからだね、とよく話しています。

NO

何のために働くのか(ゆっぺ・34歳)

8年前に結婚。共稼ぎなので、当然のように財布は別々です。2年前にマンションを購入したのですが、購入時の頭金はほぼ同額出資し、返済金額も毎月同額にしています。生活費は、光熱費・税金関係は彼、食費・雑費はわたしの負担としています。マンションの借入金を毎年一回、決めた額を繰上げ返済することにしていますが、それも同等に負担。自分の働いたお金がどちらかの管理下におかれるのは、何のために働いているのかわからなくなるのでむなしいです(わたしは自分自身の為に働いているので)。夫婦のライフプランを持ち、ルールを作っていれば、財布が別々の方が精神的に楽ですね。

「母艦」と名付けた共通の口座を活用(そふぃ・東京・既婚・39歳)

結婚して一緒に暮らし始めたときに作った通帳です。両方ともフリーランスなので、その月の収入から供出できる額を「母艦」に入れ、光熱費、家賃、保険料、夫婦で出席する冠婚葬祭の支払に充てています。残額はせっせと定期預金にまわし、車の頭金や引っ越し資金を貯めているといった感じ。先日、振込金額をチェックしたら、わたしのほうが100万円も多く「母艦」に入れてました。不況で収入もダウンしたことですし、これからは100万円分夫に「返済」してもらうつもりです。

OTHERS

タイムリー!(ごまちゃん・神奈川・既婚)

試行錯誤中なんです とってもタイムリーな話題です。結婚して3ヶ月、試行錯誤の最中です。共働きの現在は、家賃・光熱費・水道代などは、独身時代からの続きで夫の口座から引き落とし、食費や日用品など細々した出費は、わたしが支払いをしています。ちょっと面倒くさいけど、半年くらい真面目に家計簿をつけてお金の流れを把握しようとがんばっているところです。今回のみなさんのメッセージを参考にさせていただいて、家計簿の考察とあわせて今後の家計の計画を練りたいと思います。

どこまで共通支出か、がポイント(カンケ)

昨年結婚しましたが、入籍はしていません。わたしと彼は会社の同期でもあるので,収入もほとんど一緒。毎月一定の額を共通の通帳(名義はわたし)に入金し、そこから生活費のすべてを出しています。残りは自分の小遣いに。家計簿は彼がつけていますが、二人でチェックして貯蓄計画を立てています。どこまでを共通財布から出すか(携帯電話代とか)がポイントになると思います。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

家計管理について考えてみましょう

家計管理について考えてみましょう。

1.家計管理の大原則は、 収入−貯蓄・投資=支出 つまり、貯蓄を先に引いて残りでやりくりするというコンセプトです。決して 収入−支出=貯蓄・投資 つまり、先に使って残りを貯蓄等にまわすという考えにはしないでください。お金には羽が生えているので、使った後には何も残りませんよ。

最初の式を実行するためには、 ・年収の2割を目標に貯蓄・投資計画をたてる ・ローンはなるべくしない ・支出の予算管理をする の三点が肝心です。

2.支出の予算管理をするために、2つの方法があります。

第一は、家計管理ファイルを利用して、夫婦共通で管理すべき支出を一ヶ月分書き出し、それを参考に翌月の予算案を作成し、毎月予算管理することです。たとえば食費は月に五万円というように。金額は、管理すべき預金口座と領収書で把握してください。一円単位で合わなくても別にかまいません。

第二は、コンピュータによる管理です。たとえばマイクロソフトの「マネー2002」というソフトに、管理すべき口座及び現金口座を作り、一ヶ月毎日金額を入力していきます。銀行やカード会社によっては、自分で入力しないでもインターネットを通じて口座のデータが自動的に入力されることもあり、便利です。支出の内訳分析は、ソフトが自動的にやってくれます。家賃など毎月定期的に支出するものは、自動的に支出するように処理できます。いずれも共通に管理すべきものだけのせればいいので、それが一口座であろうと二口座であろうと関係ありません。とりあえず試してみてはいかがですか。

家計管理ファイル伊藤宏一制作 ewomanオリジナル家計管理ファイル(MS Excelファイル、約25Kバイト)ダウンロード

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english