自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2993
雇用形態による処遇格差、仕方がない?
投票結果
66  34  
230票 117票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

1日目/5日間
働く人の円卓会議
2位
【開催期間】
2010年05月31日より
2010年06月04日まで
円卓会議とは

大沢真知子
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
大沢真知子 日本女子大学教授、放送大学客員教授
円卓会議議長一覧
いまや働く人の3人に1人が非正規労働者。経済のグローバル化が進展するにつれて所得格差の拡大や雇用形態の……
議長コメントを全文読む
1日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
いまや働く人の3人に1人が非正規労働者。経済のグローバル化が進展するにつれて所得格差の拡大や雇用形態の多様化が大きな社会問題になってきています。
他方、雇用形態の多様化は働き方の選択肢の多様化にもつながります。さまざまな働き方が生み出されることは働く側にとってもありがたいことです。

問題は処遇格差。男性では非正社員の時間あたりの賃金は正社員の5割。女性では7割となっています。
しかし、それだけではありません。会社の福利厚生のプログラムや社会保険の加入などにおいても大きな差がみられます。育児休業制度の適用も一部の非正規社員のみが対象です。

他方、非正社員は簡単に仕事をやめてしまうひとが多く、仕事の取り組み方や勤務態度が正社員と非正社員で異なることを指摘するひともいます。
不安定で処遇が低いことを承知したうえで、このような就業形態を選択しているわけですから、本人の責任であるということもいわれることもあります。

さて、この差は仕方のない差(たとえば仕事の難易度や責任の違いなどによって説明できる差)なのでしょうか。あなたは、どのように思われますか?
 
実は、今回このようなテーマを選んだのは、最近、岩波書店から『日本型ワーキングプアの本質』という本を出版したこともあるのです。もし関心がおありになったら、参考図書として本屋さんで手に取っていただけると大変うれしいです。
それでは1週間よろしくお願いします。

大沢真知子
日本女子大学教授、放送大学客員教授
大沢真知子


関連参考情報
■ 「7月24日開催 第15回国際女性ビジネス会議」
お得な早割り料金で参加お申し込み受付中!(〜6月10日まで)
■ 「ダイバーシティー時代のリーダーシップ」
大沢真知子さんが出演した第12回国際女性ビジネス会議分科会リポート
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english