自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:1748
学校経営の民間開放で学校教育は変わる?
投票結果
84  16  
461票 85票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

1日目/5日間
働く人の円卓会議
5位
【開催期間】
2005年11月07日より
2005年11月11日まで
円卓会議とは

一色真司
プロフィール
このテーマの議長
一色真司 代々木高校 校長
円卓会議議長一覧
構造改革特区法成立から3年が経ち、現在さまざまな領域において規制改革が進んできています。中でも教育分……
議長コメントを全文読む
1日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
構造改革特区法成立から3年が経ち、現在さまざまな領域において規制改革が進んできています。中でも教育分野は成立事例も多く、学校法人(公益法人)でなく株式会社が学校(小・中・高・大学・院)を設立できるようになりました。

私は、現在に至るまで不登校生や高校中退生をお預かりするオルタナティブスクールと呼ばれる無認可高校(代々木高等学院)の運営を行ってきましたが、本年より特区法を利用した株式会社立の通信制高校(代々木高校)を開校しました。学校法人にするにはまだまだハードルが高いと言うこともありますが、株式会社立の良さもたくさんあったからです。

社会的には営利に走り教育の中立性を損なう危険性があるとかという意見もありますが、今の学校教育は閉塞感があり改革しなければならない認識の元、皆さんは、この「株式会社立学校」が学校教育の流れを変えることができると思いますか? 1週間よろしくお願いします。

一色真司
代々木高校 校長
一色真司


関連参考情報
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english