自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/7/1(月) - 2002/7/5(金)
3日め

テーマ同棲はいいけど、結婚はいや?

今日のポイント

制度や家族のわずらわしさが、結婚のネック?

投票結果 現在の投票結果 y27 n73 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
大平健
大平健 精神科医

うーん。今日はオオヒラ、うなってしまいました。現実はともかく、理想ということだと、ものすごく多様な選択肢があるのですねえ。中でも、じゅんころさんやあおわさびさんの徒歩5分、10分の距離というご意見には……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

結婚にまつわる頭痛の種(よねよね・未婚・30歳)

社会的な責任があるかないかという意味で、結婚と同棲は大違いだと思います。「結婚」と考えただけでもろもろの頭痛の種がわーっと浮かんできて、思考停止してしまいます。「名前が変わったら全部のカードを名義変更しなくちゃいけない」というようなくだらない問題から「仕事は? 子どもは? (長女なので)家は?」等々。純粋に「この人のことが好き」「一緒にいたい」という気持ちだけでは踏み切れない高いハードルがあるのが、最近の結婚事情ではないでしょうか。わたしはけっこう固い人間ですが、そんなこんなを考えると同棲もありかな……と思っています。周りにけっこう離婚した女性がいるので、とくにそう思うのかもしれません。結婚で姓が変わるならまだいいけれど、離婚でこのうざったい手続きをしなくてはいけないことを思うと……。

同棲も結婚もパス(あおわさび・大阪・未婚・32歳)

個人的には、どちらも嫌です。理想は、徒歩5分以内の距離にお互いに別々に部屋を借りて、自分や相手のペースを守りつつ、ずっとともに歩んでいくこと。家庭も大事ですが、時には100%以上の力を出して働くことも、男女問わず大事なこと。生活をともにしている状態で、女がそれを実行するのはまだまだ難しいと思います。二人それぞれがしっかりと自分の足で独立して立っていて、時に頼ったり頼られたりする。そんな関係がベストじゃないでしょうか。

週末同棲(toko・兵庫・未婚・36歳)

現在、週末同棲4年目です。自分に必要なお金は自分で稼いでいたいので、平日は自分のペース配分で生活し、週末だけ一緒に暮らしています。仕事も家事も両立できるだけの体力はわたしにはありませんし、相手は家事を分担するってタイプでもないし。子どもができれば入籍も考えるかもしれませんが、現状で籍にこだわる理由がわたしには見つかりません。

NO

できれば、同棲すらしたくない(じゅんころ・大阪・31歳)

「結婚しないの?」と聞かれることに、別段不満など何の抵抗もないけれど、そんなに結婚しないことが不思議なのかと逆に聞きたくなる、一人暮らし歴13年の派遣社員です。同棲すらあんまり歓迎ではありません。できれば、同じマンション(もしくは歩いて10分程度の距離内)で、別階で、というのが理想です。パートナーと一緒に過ごす時間や、一人暮らしの不便・不安を解消するなら、この程度の距離感が一番理想的のように感じています。もちろん、同棲することによって上記の事は解消されるにしても、どうしてもお互いの時間の束縛だったり、圧迫だったりが発生しそうで、窮屈に感じます。わたしのような考え方は、一見都合が良すぎるなどと言われることもあるのですが、同年代で一人暮らしも10年以上という方の考え方をお聞きしたいです。

決心と覚悟かな(きみたん)

覚悟があるかないか、だと思います。結婚だと、相手に対してとか、将来とか、その人との人生を選んだ自分とか、いろいろと覚悟がないとできない気がします。ああ、でも、結婚しない覚悟で同棲、の方が、覚悟の度合いが違うかな。わたし自身は、以前付き合っててホント好きだった人とは結婚できなかったので、もし将来について言うなら、難しいことは考えず、速攻・結婚です(笑)。

OTHERS

手続きが面倒で(たみたみ)

元々、わたしは人とは一緒に暮らせないかもという危惧があり、結婚「しない」のではなく「できない」かな、と思っていました。ただ、今の彼とは生活時間がまったく違うので、なんとかなるかな? と思って一緒に暮らし始めました。結構なんとかなるものですね。それは平日はまったく会えないということがあるのと、彼だからできるというのもあると思います。ので、「結婚したほうが便利」ということが出てきたら結婚しようか。と言っています。今のところそれぞれ働いているので、不自由はないのでそのままになっています。ずっと一緒にいるつもりだけど、子どもが欲しいわけではないし、手続きが面倒で。別にどっちでも変わらないとわたしは思う。

わたしにとって、と考えないと答えが出ない(Rova)

今、結婚を前提とした同棲を始めたいと考えています。で、今回このテーマを見た時、「なぜわたしは結婚を前提としているんだろ」って考えずに設定していたことに気付いて、ちょっぴり驚きました。実はこれを書きながらも答えが見つかってません。わたしは、結婚が前提でないと同棲はできないと感覚的に思ってて、どちらかというと、「結婚をするために同棲をする」と位置付けています。自分が当事者でなければ、「好きだったら結婚も同棲も一緒」って考えられたと思います。でも、うーん。自分のこととなるとスゴイ難しい。ただ、わたしの中では、「結婚」という言葉に、「同棲」よりも「確かさ」があるように感じてる部分があるのかなぁって今回自分自身に確認することができたような気がします。

別居結婚か夫婦別姓がいい(巽・大阪・未婚・41歳)

若い頃のほうがモラルがあったのか頭が堅かったのか、同棲なんて! と思っていました。大学の先輩が、親元を離れて一人暮らしになって同棲してるのを見ると「地元でできないことならすんなよな」とシビアに見ていたし。お国柄なのですかね、まだ「籍を入れてないだけで、立派な家庭じゃん」というカップルには身近で遭ってません。「離婚したら籍が汚れるから同棲にしとけ」と娘に勧めた近所のおかあさんとか、奥さんの元を逃げ出して20年以上も同棲したのに結局そこをも投げ出して奥さんの所に舞い戻った人とか。自分が同棲する時は、籍に縛られてなくても責任を持ちたいと思いますけど……。それより別居結婚か夫婦別姓がいいな。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

恋愛の本質を突く

うーん。今日はオオヒラ、うなってしまいました。現実はともかく、理想ということだと、ものすごく多様な選択肢があるのですねえ。中でも、じゅんころさんやあおわさびさんの徒歩5分、10分の距離というご意見にはそういうのもありかと思いました。なんだか外国のスープの冷めない距離に住んでいる親子2世帯の話みたい。ほのぼのとしますが……長く続くのかなあ。その5分10分が面倒になりそうな気もして。

巽さんの希望は別居結婚か夫婦別姓かです。しかし、この二つ相当中身は違いません? 結局、ありきたりの同棲や結婚はイヤ! ということなのでしょうか。

tokoさんの週末同棲は現実の話。オオヒラはほんと、生来不精なので、毎週通うと聞いただけで、疲れてしまうのですけど、4年でしょ? よほど、二人揃ってまめなんでしょうね。長続きの秘訣を、ぜひ、伺いたいものです。

結婚にまつわる手続きが面倒とおっしゃるのは、たみたみさんとよねよねさん。たしかに、面倒なことが多い。結婚のメリットというより、相手と結婚という形にまでなりたいという気持ちが、その面倒より大きいかどうかの問題かもしれませんね。その意味で、きみたん(お久しぶりです! )さんの「難しいことは考えず、速攻・結婚です」は、恋愛というものの本質を突いている気がします。

Rovaさんが「結婚を前提とした同棲」を考えておられるのも、いいのではないでしょうか。相手が信頼に足りる人だってことでしょ?

大平健

大平健

精神科医

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english