自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2278
産科医不足の問題、行政の責任が大きい?
投票結果
83  17  
452票 90票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

1日目/5日間
働く人の円卓会議
2位
【開催期間】
2007年10月08日より
2007年10月12日まで
円卓会議とは

油井香代子
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
油井香代子 医療ジャーナリスト
円卓会議議長一覧
8月末、奈良県で妊娠7ヵ月(推定)と思われる妊婦さんが、腹痛を訴えて救急車で搬送中に死産するという事……
議長コメントを全文読む
1日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
8月末、奈良県で妊娠7ヵ月(推定)と思われる妊婦さんが、腹痛を訴えて救急車で搬送中に死産するという事故が起こりました。救急隊は奈良県や大阪府の11医療機関に受け入れを打診して断られ、そのことがマスコミに大きく報道されました。その後、千葉、横浜、東京などでも妊婦さんのたらい回しがあったことが報告されました。

その背景には産科医不足や、超未熟児を診ることができる新生児科の医師の不足などがあり、受け入れたくとも受け入れられない医療機関の現状も明らかになりました。厚労省は安全なお産と医療スタッフの負担軽減を目的に「総合周産期母子医療センター」の設置を進めていますが、実はスタッフの犠牲の上に何とか稼動しているというのが現状です。

産科医や小児科医、助産師の不足は以前から医療現場で指摘されていましたが、行政の対応策は後手に回っていたといえます。

さらに、妊娠しても受診しない未受診妊婦の増加も、救急搬送の増加に拍車をかけています。妊婦健診をしないことで救急搬送のリスクも高くなりますが、未受診の多くが経済的理由といわれています。医療費を支払わないこともあるようです。出産費用が全額自己負担になっている今の保険制度にも問題がありそうです。

あなたは、妊婦さんがたらい回しされる今の産科救急の責任は、どこにあると思いますか? 誰がこの問題を解決できる立場にあると思われますか? 厚労省を中心とする、医療制度を管轄する行政ではないですか? また、患者の立場から、具体的に何を緊急に解決・改善してほしいと思いますか? 妊娠・出産に関するご自身の経験からもたくさんお待ちしています。「安心して産める」環境を作っていくために、一緒に考えましょう。

油井香代子
医療ジャーナリスト
油井香代子


関連参考情報
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english