自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/1/14(月) - 2002/1/18(金)
2日め

テーマ食事は、彼を知る絶好の機会?

今日のポイント

食恐るべし……恋愛は食事で決まると言っても言いすぎじゃない?

投票結果 現在の投票結果 y95 n5 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
吉田明彦
吉田明彦 『料理王国』前編集長

人の幸せについてときどき考えさせられます。幸せって継続的に感じられるものではなくて、ある瞬間「幸せだな」と閃くようなものだという話をわたしは信じています。この幸せの瞬間に存在する二大巨頭って、伴侶と食……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

一人で食事をするのがとても虚しくなることも(chiechie)

何が好きで嫌いかとか、食事の作法や食事中の話題なんかで、ある程度その人ってわかると思います。それから……一人で食べる食事も馴れてしまえばどうってことなくなるのですが、今の彼と食事をした後って一人で食事をするのがとても虚しくなってしまったりすることがあります(えへへ^^;のろけかなぁ)。

「お食事したい」と思える相手でないと(アクアボン)

せっかくの美味しいお食事も、相手との会話が弾まないと楽しめない。それなら一人で食べたほうがまし。だから、「次も一緒にお食事したい」と思える相手でないと、お付き合いすることは考えられません。

結婚を意識する場合、それはかなり重要なポイント(あきちょん)

付き合う段階までの間で、必ず通るプロセスだと思います。食事の選ぶ場所から、会計での支払い方、会話の持たせ方、食べ方など、自分とフィーリングが合うかどうかを知る、絶好のチャンスですよね? 私はメールで今の彼と知り合ったのですが、初めて顔を合わせた時、食事をしながら本当に楽しい一時を過ごせて、かなり好印象を持ったことがきっかけとなり、また会う約束をしたんです。将来的に結婚を意識する場合、それはかなり重要なポイントになるのではないでしょうか?

「飲みに行かない?」よりもいい(ぷらだりあ・関東・未婚・22歳)

「飲みに行かない?」より、「ごはんいかない?」の方が、安心してOKできる気がします。正直な話、それに至るまでの段取りをチェックしてしまう部分もあると思いますが……。当日、ゆっくり食事をしながら、相手と会話を楽しむことで、より食事が美味しいと感じられたら、別れ際に絶対「またぜひ会いたいね」って伝えると思います。

食事は大事!よ〜くチェックしてね!(hie)

夫はいわゆる「おこちゃま食」しか食べない人。カレー、ハンバーグ、スパゲティなど、こってり系ばっかりで、バランスの取れた定食など大嫌い。私は、さっぱり和食党。食事の好みがまったく違うので、本当に困ってます。付き合ってた頃から違うなあとは思っていたのですが、一緒に暮らすようになって、その違いにぼーぜん。子どもが小さい今はいいけれど、2人だけに戻ったら、まったく違うメニューを2種類作らなくちゃいけないかと思うと、本当にユーウツ。

嗜好の一致は大切な要素(Misao)

付き合っている時はわからなくても、結婚してその人の味の好みがはっきりわかりました。でも、もう遅い? 美味しい物を「美味しい!」って言ってくれる感覚って一緒に生活する上でとっても大切なことだと思う。せっかく一生懸命作って自分で美味しいと思った料理を「変なもの作ったね……」なんて言われたらがっかりします。嗜好と食べ方の違いでその人の育ちがわかると思いませんか?

さりげない気配りも大切(おこちん)

どこに食事に行くかというのは、相手も気を使うだろうから本心を知るには利用できないけれど、その店での私以外の人たちに対する態度にはとても性格が出ると思います。店員に対して、横柄だったりするのは論外。また、必要以上に調味料を小皿に出し残す人も嫌です。人や物を大切にしない人と、私には写るからです。同伴者はもちろんのこと、店に対するさりげない心配りができるかという意味で、彼の人間性を垣間見ることができると思います。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

人の幸せについてときどき考えさせられます。幸せって継続的に感じられるものではなくて、ある瞬間「幸せだな」と閃くようなものだという話をわたしは信じています。この幸せの瞬間に存在する二大巨頭って、伴侶と食べ物だと思いませんか。そしてこの二つが一緒に存在したらとても楽しいし、逆にここを分かちあえないと、「うーん。いまいち」ってことになりそうな気がするのです。みなさんのご意見はいかがでしょうか?

吉田明彦

吉田明彦

『料理王国』前編集長

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english