自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/4/11(月) - 2005/4/15(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
1日め

テーマ日本は安保理の常任理事国になるべきですか?

キャスター
高成田 享
高成田 享 朝日新聞論説委員

アナン国連事務総長が安全保障理事会の常任理事国をふやすなどの国連改革を提案したことから、日本の常任理事国入りがにわかに現実味を帯びてきました。

もはや戦勝国と敗戦国を区別する時代ではないのだから、安保理の中で5カ国(米、英、仏、ロシア、中国)の常任理事国だけが拒否権を持つというのは不合理なのは明らかだと思います。とくに、世界第二の経済大国で、国連予算の分担でも米国(22%)に次ぐ第二の費用(19%)を出している日本が常任理事国でないのは、おかしいと思います。

しかし、世界の平和に深く関わる常任理事国は、軍事力を自由に行使できないと、安保理の中核としての資格がない、という意見がある一方、そんなことなら、わざわざ常任理事国をめざす必要もない、という意見もあります。

また、国連改革には、国連憲章の改正が必要で、それには加盟国の3分の2の賛成が必要なうえ、常任理事国には改正するかどうかについて、拒否権があります。中国や韓国、北朝鮮など近隣諸国から反対が出ているかぎり、日本が常任理事国になろうとしてもなれない、という見方もあります。

アナン事務総長は改革案を今秋までにまとめるとしていますが、はたして、日本は常任理事国をめざすべきでしょうか。

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english