自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2000/12/4(月) - 2000/12/8(金)
2日め

テーマ田舎暮らしにあこがれる?

今日のポイント

計画のある方、さらに具体的な質問を歓迎します。

投票結果 現在の投票結果 y48 n52 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
玉村豊男
玉村豊男 エッセイスト 画家

アーミッシュのような生活を望む人は別にして、一般の都市生活者が憧れる田舎暮らしというのは、都会との接点を保ちながら自然の環境を楽しむ、時間と気持ちにゆとりが持てる生活のことでしょう。

もちろんいくら……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

(草加市・36歳)

あこがれます。日本TVの「鉄腕Dash!」で田舎で村作りをしていますが、本当にため息が出るくらい豊かな生活が見れます。山を歩き、地を耕し、すごく自然と身近で、こんなところで、子どもを育てられたらなと感じました。自分の子どもの頃は田でザリガニつりや神社でカブトムシの幼虫探し、空き地で基地づくりと毎日やることがたくさんあって楽しかった。だから、子どもにもそんな生活を送らせてあげたい。今は、電話もメールもあるから、普段は田舎で、週に1度は仕事やおしゃれをしに都会へでかけるのに1番あこがれるかな。

(祈りの子)

古い家をリフォームし、古きよき物を残しつつ、バス・トイレ・キッチンは最新のものを備え付け、テラスを1階にデッキ風に造り、庭にはハーブや野菜を植えて和洋折衷の庭にし、大きな犬が2匹。車は4WVと、スポーツカーの2台。家の裏には炉があり、主人の趣味の焼き物はそこで。広いリビングでは毎月パーティを開催し、音楽好きの友人が楽器を演奏し、ワイン好きの友人が絶品ワインを持ちよる。わたしは午前から天然発酵のパンやニョッキなどを料理しながら午後からのパーティーに備える。こんな週末を過ごせる、田舎の家と生活にあこがれます。平日には早朝から車で都内まで出勤し、、夕食にはまた家族との一時が過ごせるようにする。全てにおいて、田舎と都会、友人と家族、会社と家族、仕事と余暇、バランスがわたしにとっての一番価値のあるライフスタイルです。

(ken712・世田谷区・既婚・53歳)

実家の富山県の片田舎に帰省する度に、空が青いこと、空気がおいしいことや、緑が豊で、静かな環境に心が落ち着きます。ゆくゆくの田舎暮らしを家族に提案しても、妻の出身地でないこともあって、子どもたちも誰も賛同してくれません。自然がいいだけの理由だけでは、住めません。家族や友人や地域コミュニティが回りに居てこそ生活ができるのです。従って、今の段階では二重生活を模索中です。

(千葉県・既婚・31歳)

今住んでいる所は千葉の中途半端な田舎です。都心に出ようと思えばすぐにでも行けるのですがやはり一日がかり。行けないなら行けないで割りきって今の生活をするのですが、情報はやたらと入ってくるし、誘惑に負けそうだし…。田舎なら田舎でまったく周りに何もなく、自分たちですべてを作り上げると言う生活をしたいです。自宅の小さな庭ではなく大きな広々とした所で野菜を作りたいですね。中途半端な気持ちでは出来ないと思いますが、単なるあこがれだけで終わらせたくないです。

(purplish・東京・既婚・46歳)

住む場所もだんだん郊外へと移って来てはいますが、未だに「あこがれ」です。現実的に考えてみると、かなり困難な事であるからです。まず、経済的問題。普通の勤め人の場合、新たに何かをするにも、元手が必要となります。これが一番のネック。また、老いた親には少しでも近付くなら別ですが、居住地が遠くなるという事が理解できそうもないからです。それでも、連れ合い共々病気を抱える身ゆえ、余計に田園へのあこがれは日毎強まります。

NO

(三重の真珠)

田舎は一見、自然と人間関係が暖かく、思うけどよそ者に対しては閉鎖的でとかく暇と文化がないのか他人の行動をいろいろ詮索してそれをどう自分の中で対処するかか大変です。いうほどよくない。自然だけでは生活はできん。

OTHERS

(kanabou・大阪・独身・27歳)

わたしはずっと都会で暮らしてきたので、田舎にはあこがれますが、これがずーっととなるとたぶん無理だと思います。たまに行くからいいなあと感じるのだと思います。

(しゅー)

生まれた時から今まで住んでいるところが自然に囲まれており、小さい頃は野山を駆け回って遊んでいました。だから、大人になった今は、都会での生活をしてみたい、というか、都会での生活にあこがれています。

(あるふぇん)

将来は海のそばで夏はサーフィン、冬はスキー三昧の生活が夢なわたし。とはいっても農業等を生業にするつもりは無いので田舎といっても三浦とか千葉の方とかのイメージですが…。

(雪うさぎ・東京都・既婚・37歳)

勝手なもので、今は田舎暮らしもいいかぁて思っているけれど、田舎に住み始めると、都会がいいなぁて思うのでしょうね。

(SALA・海外・28歳)

わたしはカナダに住んでいますが、そこそこ田舎ぐらいならいいですけど、本当に田舎だと、都会の便利さ(ここでは日本の便利さだけど)に慣れている人にはかなり精神的に悪影響があると思います。今はネットなどの発達で、昔ほど不便さは感じないでしょうけど。日本はどんなに田舎でもちょっとい行けばすぐ街だから、ある意味大丈夫だけど、カナダの田舎は丸1日車飛ばしても人ひとりすら会わないからなぁ。田舎の定義ってそもそもなんなんでしょうか?

昨日までのみなさんの投稿を読んで

アーミッシュのような生活を望む人は別にして、一般の都市生活者が憧れる田舎暮らしというのは、都会との接点を保ちながら自然の環境を楽しむ、時間と気持ちにゆとりが持てる生活のことでしょう。

もちろんいくら憧れても空気と景色だけで暮らしていけないのは事実で、移住するとなればまず経済的基盤を確保し、子どもの教育や地域との関わりについて覚悟を決め……現実の問題に冷静に対処する必要はあるけれども、通信と交通が格段に便利になったいま、狭い日本では(少なくともカナダの田舎より)、その憧れを実現しやすい条件は整いつつあります。計画のある方、さらに具体的な質問を歓迎します。

玉村豊男

玉村豊男

エッセイスト 画家

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english