自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/3/25(月) - 2002/3/29(金)
5日め

テーマ許せないペットのマナー、ありますか?

今日のポイント

わが家のペットが嫌われないために。飼い主の人はぜひ参考に。

投票結果 現在の投票結果 y96 n4 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
ヒロコ・グレース
ヒロコ・グレース タレント

今週はペットに関する意見をいろいろな方から聞くことができて、とっても参考になりました。ペット好きな人、そうでない人……。みんなが仲良く、安心して暮らせる社会について考えさせられました。

ご意見の中で……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

過ぎたるは……(gonzares・既婚・36歳)

超大型犬(ピレネー)の飼い主でした。おとなしい犬だったのに、散歩させているだけで恐がられることもあり、夜中に散歩させるなど、気を遣いました。飼い主の中でも、本当にかわいがりすぎて、「万人が犬好きでないと許せない」という方もいますが、苦手な人もいることを忘れてはいけないと思います。

脱走犬のようなわが家の犬(ゆきにゃ・既婚・27歳)

家に2歳になる雑種犬がいますが、脱走癖があります。ちょっとくら大丈夫かと庭に放しておいたらいつのまにか脱走。いつも隙を狙っている子です。探し回っても見つからず、どうしても用事があって家を空けると、数時間後戻った時にはきちんと繋がれているということが度々ありました。最近は庭に放すことをやめ、散歩中に誤って綱を放さないよう注意しています。

ペットだけの問題ではないけれど(なでしこ)

最近公衆道徳が薄れてきているように思います。糞の始末、放し飼いなどペットの飼い主も然り。なので犬を飼った経験のあるわたしですがペットOKの飲食店は敬遠してしまいます。ペットを飼う人が増えたけれど、決してペットが進化しているわけでもないし、信頼関係が結べているのは飼い主との間だけですものね。

食べ物を扱う場所では勘弁(八雲・33歳)

少しアレルギーがあることもあり、毛やほこりが飛ぶことが非常に嫌いです。だから食べ物を扱う場所での、ペットの連れ込みは勘弁してほしい。しかしながら、盲導犬などは、社会的なぜひを理解しているので、がまんできます。ペットは家族と言う人もいますが、やはり人間とは別のものと考えるべきです。

最低限のマナーは必要(kitahotaru・北海道・既婚)

最近、ペットを連れていける喫茶店がオープンしました。ペット用の食事もあるそうです。ここなら、気をつかわずに楽しめそうですよね。でも、どこの場所であっても、最低限のマナーは必要。トラブルの元になりますよね。

TPOを考えて(わんわんアポロン・埼玉・既婚・36歳)

2匹の犬がいます。やっぱり人間に迷惑をかけないように、「しつけ」をきちんとすることだと思います。人間と同じに扱うことが、果たしてペットにとって幸せなのか疑問です。わたしは基本的にはどこにでも連れて出かけたいのですが、気候や場所を考え犬に「我慢」もさせますし、わたし自身も遠慮します。アクセサリー感覚でどこにでも連れ歩く飼い主さんで、食品売場などにまで無神経に連れてくる人には、やっぱりいい気持ちはしませんね。

公共の場ではリードを離さない(名前)

先々週くらいだったでしょうか。葛西臨海公園に家族で出かけた時、何匹かのミニチュアダックスのリードを離し、海で遊ばせていた人がいました。たしかにちっちゃいし、かみついたりはしないのだろうけど、近くでは幼児が遊んでいるので、正直ヒヤヒヤして見ていました。連れていったわが家のダックスは、もちろんちゃんとリードを持っていましたよ。

コミュニケーションが大事(paw・兵庫・未婚・37歳)

4歳のmix犬と暮らしています。腹立たしいと思うのは、○万円したであろう純血種をしつけもせず、平気で放し飼いにする飼い主がいることです。わたしの犬は1年半訓練に通い、いろいろな場所に連れていき、手間ひまかけて育てたおかげで、穏やかで人に好かれる犬になってくれました。しかし、そんな努力もせず、ただ餌を与えて犬に引きずられるだけの人と一緒にされると、非常に悲しくなりますね。犬が嫌いな人にとっては、同じ「飼い主」だなんて……。ちゃんと、犬とコミュニケーションがとれて、初めてリーダー(飼い主)と言えるのに。

散歩の仕方(norixoxo)

リードはもちろん、首輪をつけずに犬の散歩をしている方を見かけます。わたしは2回ほどそのように散歩している犬に飛びかかられました。絶対に危害を加えない保証はないし、だれもがあなたのペットをかわいいと思うと思ったら大間違い! という感じです。

しょせんは動物!?(aoimimie)

先日、「一人でお留守番はかわいそうだから」と来客が犬を連れてきました。飼っている人には、大切な家族でも、他人にとってはいくらかわいくてもただの(?)動物に過ぎないことを、飼い主の人にわかってもらうのは、無理なのでしょうか。

NO

わかりあえるのか?(Kylin・大阪・既婚・42歳)

逆に、わたしが考える理想のペットの飼い方は「放し飼い」です。飼い主とペットは信頼関係無しには成立しないからです。交差点で、リード無しにちゃんと信号を待つペットを見るのは微笑ましくなります。ただし、そこには「しつけ」というものが存在します。「しつけ」って、考えてみれば、人間がペットに本能を抑えるように強要してる面があるのは、否定できない気がするのですよね。でも、どうしても人とペットが一緒に暮らしていくには、必要なのです。職業がらみの話をすると、理事をしていたウチのマンションのペット問題は深刻でした。要するに、「好き」「嫌い」の問題は、しつけなどの飼い方のルールを守るという理性の問題を飛び越えてしまうのです。わたしも飼う側からの視点でしか見ていないと思いますが、飼わない人々の側からの視点というものも考えてみたいと思います。

OTHERS

許せないというより笑っちゃった(巽・大阪・未婚・41歳)

わたしも大の犬好き。今はマンション暮らしで飼えませんが。ある日、洗濯物を取り込もうとベランダに出たわたしは、なにか柔らかいものを踏んづけました。おやっと思って足元を見るとなんと! 犬のウンコ! なのです。一瞬、どう考えていいのか思考が停止しました。だってウチ、マンションの7階なんです。どうやったら7階のベランダで犬のウンコに遭遇できるんでしょう。しかし、すぐ思い当たりました。最近越してきたお隣さん、時々犬の鳴き声がする。こっそり飼ってるということは小型犬。運動させるためベランダに放しでもした時に、仕切りの下の隙間からこっちへ潜り込んだに違いない……。お隣を訪ねてわけを話したら、わたしの推理通りでした。先方も大変恐縮して、謝ってくれたので丸く収まりました。なんか怒るより、後々までおかしくて。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

動物と人間とのよりよい関係

今週はペットに関する意見をいろいろな方から聞くことができて、とっても参考になりました。ペット好きな人、そうでない人……。みんなが仲良く、安心して暮らせる社会について考えさせられました。

ご意見の中で印象に残ったものがあります。それは、「わたしが考える理想のペットの飼い方は『放し飼い』です」というコメント。実際には放し飼いは禁止されていますし、すべての人がそういう飼い方をするということではなく、わたしが感じたのは、飼い主の一人ひとりが、たとえ自分のペットを放し飼いにしても、きちんと制御できるという自信が持てるくらい、しつけや信頼関係を築くことができればいいなということです。

以前、フランスで見たのですが、老紳士がシャンゼリゼ通りを大型犬に綱を付けることなく散歩していました。犬は彼にピタッとくっついて歩き、周りの人も気にする様子はありません。飼い主がニューススタンドに立ち止まった時も、犬はおとなしく用事が終わるまで片隅で待っていて、また歩き出した時も、とくに強く命令されることもなく、自然に横についていました。なんてすてきな関係なんだろうと思いました。でも、そこまで安心して、人ごみの中で綱も付けずに散歩できるまでには、きちんとしたしつけを時間をかけてされたのだと思います。

結局は、ルールというよりも自己責任や、人に迷惑をかけないという気持ちが一番大切だとわたしは思います。ペットを飼っている人はどうしてもペットに対する愛情から、いろいろなことをしてあげたくなってしまいますよね。その気持ちはよくわかります。でも、その愛情を周りの人にも向けてほしいのです。「この人ごみの中で犬を放し飼いにしたら、他の人はどう感じるんだろう? 」、「自分の家の前に後始末されていない糞を見つけたらどういう気持ちになるんだろう? 」といったこと。

その半面、ペットが苦手な人に、ただ「毛が飛ぶから」といった身体的な偏見を持たれるのは残念です。そう思われるのは、これまでの経験からなのかもしれませんが。人間でも泥だらけのままお店に入ってくる人や、身だしなみに無頓着の人は嫌われますよね。ペットの飼い主としては、家の犬たちを人がたくさんいる公共の場所に連れて行く時には、普段以上ににおいや毛で周りの人が不快な思いをしないように、がんばりたいと思います。
今回のようなことがきっかけで、愛情や歩み寄りによって、動物と人間との関係性がよりよいものになればすてきだと思います。

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english