自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > news&policies > 「私の視点」 >

news & policies

メンバーの視点

「少年」は現代社会の生んだモンスターか?(2003年7月12日)

『私の視点』に戻る

テレビ、雑誌の報道に問題があるのでは?

今回のコラムを読んで、わたしは少し違和感を感じました。

被害者になるリスクについて無関心ということは感じますが、被害者が悪いわけではなく、この犯罪は加害者が悪いのではないでしょうか。反社会的な人間はいるのだから、リスク管理をしなかった自分を責めてあきらめろということでしょうか? 今の少年法のまま、被害者だけが存在し、犯罪はなかったことのようになってしまってよいのでしょうか?

打ち首発言の政治家の言葉は確かに過激ではありますが、被害者について報道しすぎているという点においてはわたしも感じるところです。幼稚園のイベントのビデオ、写真、可愛いなと思いつつこの子はもういないのだなと、身内でなくても思うのですから被害者の関係者の方々はどんな思いでいるかはわかることだと思います。そこまで報道する必要があったのでしょうか?

12歳であるということで、加害者について報道できないから被害者についての報道、学校、警察などの責任についての報道という手段をとっていることは、テレビをみていて不愉快になることも多く、事件後の対応について一番悪いのは、テレビ、雑誌などの報道だとわたしは思います。(ベア)

面倒を見たり、見られたりする風景

昔は、子ども一人でもほっておけば、子は育つといえたかもしれないが、今は子どもほっといたらどうなるかわからない時代になっている。ふた昔ほど前は、子どもをほっといても、周りの人たち(隣のお菓子屋さんや豆腐屋さんなどいろんな人たち)が声をかけて教えたり、ガキ大将が小さい子の面倒をみたり、子どもたちが輪になって外で遊んで帰って夕飯を親と一緒に食べる『サザエさん』のような風景があったと思う。

しかし、今は、子どもをほっておくとテレビ、ゲームなどが面倒を見ている家が多いのではないでしょうか? つまり、人と接して面倒見たり面倒見られたりすることがないのです。長崎の事件の場合、どうも共働きで、子ども一人だったらしい。そうなると、母親が、フルタイム労働であるとすると、買い物とか通勤時間も含め7時ごろの帰宅になり、待っている子どもは、2時か3時ごろの帰宅から、4時間ほど一人の時間があるわけで、その間、人と接することなく、ゲーム、テレビなどにおもりをされて、12年間生きてきたと思う。

なおかつ、漫画、ゲーム、テレビの選択が大人によって抑制されなかったのなら(一人でいるので、抑制も何もなしの状態を一日4時間もしていたなら)誰でも、頭がおかしくなるかもしれないと思います。今そんな状態の子どもが多いのではないでしょうか?

ゲームやテレビなどに子どものおもりをさせることは、親にとって楽なのです。それらを相手にしたときの子どもは、そこにとどまり、じっとしてます。何をするかわからない子どもが(2歳ぐらいから口に物を入れたりするなど、起きている間中、親は気が許せません。)テレビの前に座り、親はほっとして他の仕事に手をつけるのです。

子どもが生活自体の模索をし、探検をしている時期に、良いことと悪いことを大人(親)がしつけなければならない。その時期に、テレビやゲームで無駄に時間が過ごされる子どもは、10歳過ぎから、行き過ぎた行動の芽が出始め、それに気づいてない大人は、子どもに上手くだまされていくのです。子どもは、餓鬼であることが証明される時期。飢えた鬼(たぶん愛に飢えて鬼のようになるのではないかと思う)、つまり言いたいのは、子どもは人と接していろんなことを覚えていくものであり、その環境をなるべく与えていくは親の責任だと思う。隣の人が信用ならない環境であったり、どれがいいか悪いか周りの人が教える機会がなかったりするのなら、教える者は親しかない。しかし、今の若い親は、それを怠っている。テレビやゲームですませている親が多いから、10代の犯罪が急増しているのである。(binko)

加害者の母の子育ての失敗

「刑法の対象となる年齢を引き下げるという少年法の改正によって、少年犯罪が減るのかというと、そういう実例は世界中のどこにもありません。」とありますが、抑止力があるかないかを論じているのではありません。罪の重さもよくわからないうちに、反省の時間も十分与えられないうちに、すぐまた社会に放り出してしまうことに問題があると思います。

身障者を殺したというのに、社会に出たらまた遊びたいというような反省のかけらもない手紙を書いた少年もいましたね。殺人まで犯したのに、全然反省しなくても(更正しなくても)すぐに出られる仕組みはどう考えてみてもおかしいと思いませんか? それでなくてもゲーム世代は命をおもちゃのように扱って、たくさん殺せば点数が上がるバーチャル思考回路ができあがっているようです。

今回、少年の母親の異常な溺愛も浮き彫りになるにつれ、この子も家庭に戻ればまたこの母親の元で暮らすのだから、元の木阿弥になるようで、母親も更正させる必要性を強く感じます。一番の原因は家庭にあるのですから、校長が頭を下げても、命の尊さを訴えても、母親が子育ての失敗に気がつかない限り、解決にはいたらないでしょう。(トトロのとなり)

子どもが自分の存在を認め、人生を切り開く地域社会を

「いつの時代にも反社会的な行動を取るものがいるのだから、自分の子どもは自分で守りなさい」という藤田さんのご意見はもっともかもれません。実際「子どもがちょっとぐらい離れていても大丈夫よ」と思ってきた親は、しっかりと子どもの手を握るようになりました。ただ、自分の子どもの身を守るだけでよいのだろうか、結局は犯罪を犯してしまった子ども、親の責任に終わってしまうのではないかと思うのです。

親は子どもを育てる責任があるけれど、親だけでは子どもは育ちません。むしろ地域の中にいるたくさんも人(大人も子どもも含めて)と出会う中でうれしいとか悔しいとかしまったとか、プラスやマイナスの感情を体験しながら育っていきます。

今欠けているのは、子どもたちが地域の大人と出会う機会がないこと。学校などでの「地域とのふれあい」というお仕着せの付き合いではなく、大人の生き方をみて、子ども自身が感動したり、興味をもったりすることがなくなってしまったのではないか、と思うのです。

それからもうひとつは、積極的に地域の活動にかかわれる人はいいけれど、人とかかわらない親子を地域がどう受け入れていくかではないでしょうか。ただ「地域にコーディネーターを配置せよ」となるのは方向違いだと思いますが、人とつながっているという実感のある生活ができる地域をつくっていくことについて、大人であるわたしたちは本気で考える時期にきていると思います。

長崎の事件は、子育てしている親にとっては、遠い場所で起こった出来事とは思えません。マスコミなどで報道されるのは被害者と加害者の家族が中心です。でもそれだけで終わってしまったら、また同じような事件が繰り返されてしまう(あってはならないことですが)ように思うのです。すべての子どもたちが自分の存在を認め、豊かな人生を切り開いていってほしいと心から願っています。それが実現できる地域や社会をどうつくるか、この事件で考えたいのです。(オレンジのibook)

日本のニュース、メディアのあり方に疑問

とても悲しい事件に驚かされています。中学1年生の息子と中学2年生の娘をもつ身としてはひとごとではありません。それと共に日本のニュースのあり方、メディアのあり方にも疑問を持ちます。被害者の人権を守れといいながら被害者の両親の顔を写し、学校へ出かけ他の生徒たちに動揺を与える。また、加害者の家族や近所にも出かけていく。インターネットなどではまことしやかな情報が流れる。必ず、掘り出さなくてもいいこと、ほんの1ミリ程度のこともメディアに流れることで1メートルにも表現される。

少年犯罪の場合、必ず親や学校の対応や育て方が取りざたされる。確かに大きな要因だと思います。親は未成年の人生にかなりの影響と責任を持たなければならないとは思いますが、多方向から入る情報にはふたができません。正しい情報を伝えるためにメディアは必要ですが、切り取られた部分での報道から間違った方向に伝わらないよう望みます。世界でおきた事件の各国各社の報道の違いにとまどうこのごろです。(ニャニャ)

時間が経てば同じこと

最後に「人を見たら泥棒と思え」という締めくくりになんともあきれてしまいました。途中までは共感できたのになんだか残念です。

わたしは12歳の少年が犯人だったことよりも、子どもの手を離して買い物している親にあきれるばかりでした。幼稚園児ひとりで遊ばせるなんて、そちらのほうが非常識に思いました。こちらの問題は「補導されたのが12歳である少年」の方に重点がおかれてしまい、まったく議論されていません。

事件が起きた後は「子どもの手をしっかり握る大人」が増えたようですが、時間が経過してしまえばまた同じことなのではないでしょうか。

また人なつこい、という性格は、親しい人には愛嬌があっていいかもしれませんが、知らない人についていってしまう、といった危険性もはらんでいます。そういったことも教えていくべきなのではないかと感じました。(宮里砂智子)

子どもに対してどうかかわっていくか

藤田さんの意見に、大筋で賛成です。確かに「昔は良かった」「現代社会は腐敗している」といった、現代と昔を比較して昔を懐かしむような考えが多いように思います。また、犯罪が起こるたびに少年法の見直しが問われ、罰則を厳しくする方向に意見が集まるのも事実です。藤田さんの書かれたように、昔から犯罪はあり、それは罰則をきつくしたところで減るものではない、とわたしも思います。

このような少年の凶悪犯罪が起こるたびに思うことですが、マスコミなどで取り上げられるのは、少年法の改正問題、少年の人物像・経歴などで、どうすればこのような犯罪を防ぐことができるか、というところについては、深い討論は何も行われません。少年の個人的情報をあそこまで詳しく報道する暇があったら、教育・精神科医学・心理学などの専門家を招いて、少年と子どもを持つ親とを交えた討論会をしてほしいものです。マスコミから受ける情報を、ただただう呑みにし、うなずいているのではなく、もう一度自分の問題として考え、解決法を見出そうとする能力が日本人には大きく欠けていると思うのです。

少年犯罪は、少年がこの歳になって、急に犯すものではなく、成長の過程での人間関係を作っていく能力の欠如、自分を表現するコミュニケーション能力の欠如、人の痛みや悲しみ、喜びに共感できる心の欠如が引き起こすものだと思うのです。

子どもが一人の人格のある人間として、親や大人たちの間で尊重されること。命令したり、親や大人の意見を上から押し付けたりするのではなく、子どもの考えに耳を傾け、そのことについて議論できる姿勢。条件付きではなく、子どもの存在、その全人格を受け止めてあげる親の愛情。よい人間関係を作る能力を養うのにはこれらのことが必要だと思うのです。このような環境が生まれたときから欠落し、最終的にはこのような犯罪にいたってしまうのではないでしょうか。

「『他人を見たら泥棒と思え』と子どもに教えるのは嫌なものですが、命を守るためだったらそれも仕方がないのではないでしょうか。」という藤田さんのご意見もありましたが、他人すべてを「悪人」とみなすのではなく、信用できる人とできない人を見極める力を子どもにつけることが大切なのだと思います。子どもは感受性が強く、大人よりも人の表情・感情には敏感です。ただ、育っていく過程で、それが摘み取られていき、いろんなことを感じ取ったり、自分の考えを表現したりする能力が失われていくのだと思います。そのような能力が失われないよう、子どもと大人がかかわれる環境が社会に作られれば、少年の凶悪犯罪の問題も少しずつ解決のきざしが見え始めるのではないでしょうか。

少年の個人像を掘り下げていくことに労力を費やすのではなく、これから教育現場・家庭・社会で子どもに対してどのように深くかかわっていけばよいか、それができるような環境を作るのには、社会制度はどう変わっていかなくてはいけないか、ということを考え、変革し続けなくてはいけないのではないでしょうか。(asane)

人間の心の闇

12歳という少年による犯罪。しかも、その犯罪は、幼児誘拐殺人であり、性愛に関する部分が絡むという。記事を目にし、どう考えてよいかわからず絶句した。事件については詳細なことはわからない。いつものように新聞などメディアを通しての内容しか、わたしたちには知るよしもない。どんなことも人間の世の中には起こり得るのだという、なかば絶望的な気分にもなった。池田小学校の事件にも似た感覚だ。被害者と加害者。そしてその二つの家族。さまざまなかかわりをもつ周りの人々。多くの人々の苦しみ悲しみを想像した。そして、こういった事件を知った人々が受ける衝撃。現代社会が抱える不安の一つが、さらに裏付けられたようにも思う。

しかし、これは現代だから起こったことだろうか。昔はこんなことは起こらなかった、メディアで暴力的な表現が毎日流されているからこんなことが起こるのだ。または、親の教育が悪いからだ、親こそが責任を負うべきだ。そんな声が聞こえる。「市中引き回しだ」などと見当はずれのことを、公的な立場で口走る政治家さえもいる。だがわたしは、これはいつの時代にも起き得た事件であり、簡単に今の時代性の中に原因を追求することは困難だと思う。

駐車場の屋上でなかったら、崖の上かもしれない。昔は、鬼が出て人をさらい食ったという。鬼は人の心に住んでいる。とても人の仕業とも思えぬ出来事を鬼の所業とすることで、人々は心の平安を保ったかもしれないのだ。ごく普通の顔をして生きているわれわれ人間の心の中に鬼が住み、いつ何時その素顔をあらわすかもしれない、そう考えることのほうが、この悲劇の原因を魔女狩りのように騒ぎ立てるより大切だろう。

インターネットがらみの事件も多い。現代では、ありとあらゆる情報が簡単に手に入る。しかしそれを使うか使わないか、またどう使うかは、個人の意志次第である。文明科学の進歩(?)を元に戻すことは出来ない。これだけ不安定な時代状況の中で、何を心の支えとして、指針として生きるべきか思い迷う今だからこそ、人間の心の闇も静かに見通すような姿勢が必要である。それなしには本当の解決は出来ないのではないか。そして、わたしはそういった人間の一人として、自分や他者の心を見つめながら、社会の中で身を処していかなければならないと思う。(パセリ)

一番しつけがなっていないのはマスコミ

恐くて不思議で現代的な事件だと思います。まず、加害者が通っていた学校の校長先生のコメント。あれは、「加害者の親が言うべき言葉ではないか」と思うのです。学校に対して、マスコミも含め期待しすぎです。たしかに「教育の場」でしょうが、一番子どもを教育し、しつけをしなければならないのは「親」でしょう。それから「社会」だと思います。学校に責任追及するマスコミの質問には、疑問です。

そして、この事件だけではないのですが、必ずインターネットで出回る加害者の顔写真と名前……。こういうことをする人のほうが、「モンスター」だと思うのです。

たしかに、殺人を犯すということは、他人(被害者)の人生を勝手に終わらせるということですから、とても残忍な行為です。だからと言って、加害者のこれからの人生を無視してよいということにはならないと思うのです。それはある意味、「殺人」と同行為なのではないでしょうか。

それから、マスコミが報道している内容が、なぜか事件の核をぼかしているように思えるのです。深く取材をしようとしている意図がわからないわけではありませんが、報道されればされるほど、なぜそれを報道しなければならないのか?という問いかけが生まれてくるのです。

一番冷静でいなければならないであろうマスコミが、とてもヒステリックに集団行動を取っているように見えるのです。この事件だけがそうなのではなく、加害者が未成年だと急に張り切るマスコミ、加熱する報道……。

一番子どもで醜くてしつけがなっていない「加害者」はマスコミではないかと、今回の報道を見て、さらに強く思うようになりました。(tomone)

藤田さんの意見が嫌いです

藤田正美さんの意見がいつも嫌いで特によく読みます。今回の長崎幼児誘拐殺人事件の意見でも期待通りあきれさせてくれました。「少年犯罪の責任は親にあり」、と決めつけてしまうこと自体、大きな問題です……?

特異な少年犯罪はたまたま反社会的な性格に生まれた子どもの偶然の結果とでもいうのでしょうか?昔からあることなのでしょうか? 親が信念と哲学を持たずにきちんと子どもを育てず、でき愛や過保護だけで育てる場合にこのような昔の犯罪よりエスカレートした異常行動を起こすのではないのでしょうか? 親ばかりか大人がきちんと生きる姿勢を持たずにいる現代社会は犯罪の凶悪化・低年齢化の温床であると考えます。

コンビニの前で群れている中学生のしつけが悪く、買い食いの食べ物のごみを路上に捨てる男の子に「今捨てたごみをくずかごに捨てなさい」と注意したら、群れているので強気に「うるせーばばあ」と悪態をつきました。親の顔が見たいものです。小さいうちの子どのもの行動はほとんどが親の鏡です。きっと親は子どもにろくに料理も作らず、買い食いでお腹を満足させているのでしょう。飼育ではないんだから……。ごみは路上に捨ててはいけない、ということも幼いころからしつけられていないのでしょう。その延長線上が長崎の事件です。

昔から悪態をつく子どもはいた!と藤田さんは言うかもしれませんが、「捨てたごみを拾いなさい」という大人も大勢いたと思います。少年犯罪の責任は絶対親にあります!でも昔赤軍派の犯人の親が責任を取って自殺したことがありましたが、成人したらそれは本人が反社会的であったり、イデオロギーを確立ししたのでもう、親の責任ではないかもしれません。藤田さんはその辺を混同していると思います(でもレイプした大学生もきっとバカな親にだらしなく育てられたのでしょうと思いますが)。

だらしない生き方をしている多くの大人が子どもへ悪い影響を与えているという自覚を持って少しはしっかり生きよう!としたほうがよいのではないでしょうか? 藤田さんは子どもをお持ちなのでしょうか? お持ちだとしたらきっと育児は奥さまにお任せなのではないでしょうか? 人の親の意見とは思えません。自分の子どもが、危険な犯罪を起こす少年たちの住む世界に住む、と考えただけでゾッとします。大人が凶悪犯罪の低年齢化について真剣に討議すべきことはあっても、「この事件をあまり大げさにとらえるべきではない」とは決して思いません。戦争の話にしても、この事件のことにしても、本当に藤田さんの考えには腹が立ちます! 浅はか!(ミッチ)

命の尊さを教えて社会に送り出すのが、家庭と学校の義務

わたしは藤田さんのコラムのファンです。ただ、今回は少し、視点がずれているような感じを受けました。まず、教育委員会の人の発言についてですが、今こそ「命の尊さ」を真剣に訴える必要があるのではないかとわたしは思います。インターネットで知り合って、見知らぬ他人と自殺を図るのも、沖縄で、少年たちがジュースを飲みながら中学生に暴行を加え、殺害したのも、すべて根本は、「命」の軽視が原因だと思います。円周率の計算ができなくても、漢文が読めなくても、最低限この命の尊さだけは教えて社会に送り出すのが、家庭と学校の義務ではないでしょうか。

そして、少年犯罪の厳罰化は、仮に抑止効果がゼロであっても、被害者のやりきれない思いを軽減させることはできます。考えてもみてください。4歳の子どもを、全裸にして、はさみで切りつけて、騒いだからといって柵の外にいったん立たせて、背中から突き飛ばす、これが犯罪とされずに、遺族はどうやって気持ちの整理をつければいいのでしょうか。加害者ばかりが保護される、と言われても仕方のない現実がここにあるように思います。

たしかに、彼はモンスター、特別な子どもではないでしょう。しかし、反社会的な人間ともまた違うと思います。わたしは心の病んだ少年だと思います。別に彼は社会のルールを破ろうとして行動しているのではなく、一種の病気だと思います。犯罪を防げなかった親の責任ではなく、彼の心の病に気が付かなかった家族の責任だろうと思います。何事も病気で片付けてはいけないとは思いますが、4歳の子どもを全裸にすることが病気でなくてなんなのでしょうか。

そして、他人を見たら泥棒と思え、と結論づけるのはあまりにも暴論だと思います。もちろん、いつなんどき、なにが起こるかわからない世の中ですから、「あの時、目を離さなければ」と後悔するようなことはしてはいけないと思います。それが、被害者にならないためのリスク管理につながります。しかし、それと「他人を見たら……」と子どもに教えるのは違うと思います。他人を見て泥棒かどうかわからない間は、親が責任をより強くもって、子どもの安全を守らなくてはいけないということではないでしょうか。

このような事件が起こってから、「実は似たような犯罪が周辺で起こっていて、警察は張り込みしていた」と報道されていますが、そこにも、情報の偏在という恐ろしい事実があると思います。警察の想像を超えた犯人像であった場合、いくら張り込みをしても防げないのです。ならば発想を転換して、あらかじめ市民に注意を喚起するような行動をとるべきだと思います。不安をあおる、との批判も出るかもしれませんが、それでもみんなが注意すれば、警察の張り込み以上に効果はあったはず、と悔やまれます。(はるたいママ)

久しぶりに怒れた

まさに、読んでいたら思わず驚いてここに書いている訳ですが、そんなに大げさに取り扱う必要がないとは、実際にお子さんのことを考えて物をおっしゃっていただきたいものだと思いました。もし、仮にあなたのお子さんが同じように事件の被害者となったら、そう思うのですか?

大げさには考えないのでしょうか?今回のみならず、少年犯罪にはいつも憤りを隠せないのですが、どうしてこのような事件が起きてしまうのかを考えなければ前には進みませんよ。それとも放っておけば、自然となくなるとでも思っていらっしゃるのでしょうか? いやはや、おめでたい限りですね。性衝動のかられやすいこの時期の少年たちにとっても、頼りない大人だなと、思わせてしまうことでしょう。

それに、被害者の親の責任なんて、よく言えたものです。確かに、被害者の男の子のご両親が目を離していなければ、事件にはならなかったのかも知れません。でも、今となってはそれを誰よりも悔やんでいるのはご本人たちだということがわかりませんか? きっと、ご両親からその悔しさがなくなる日はないのです。なのに、神経を逆なでするようなことを書き立てて、どういう神経なのかと疑ってしまいました。コラムとしてはとても読む事が出来ません。

大事なことを忘れていませんか? たとえ、どのような状況だったとしても、いかなる場合や相手に落ち度があったとしても、やってはいけない事は絶対にやってはいけないんです。ましてや、人を黙ってどこかに連れて行く、性的悪戯を強要する、殺してしまう、これらはどれも許される事ではないのです。よく、いじめられる方にも責任があると人は言ったりしますが、それは単なる言い訳です。相手がいじめてくれ! と言ってきたとしても、やってはいけない事を判断できるようでなければならないんです。

仲間がやれと言ったから、反抗するとこちいもやられる、の構造そのものが間違っているのです。下手に体力があるから、殺人もできてしまう。そこで、阻止出来るのはひとりひとりの理性でしかないのですよ。それが、徹底されていない、現代の家庭事情と教育機関に問題があり、また、お手本にもなれないような周りの大人(貴方のように、平気で被害者の親が悪いなんて言ってしまう)にこそ問題があるんです!!(henoheno)

倫理の必要性

  1. 反社会的な人物の存在を前提にリスク管理を考えるという藤田さんのご意見に賛成。しかし、問題は、個人レベルでのリスク管理の実効性を担保する仕組みがないことにあるのではないでしょうか。
  2. 長崎の事件でも、類似の事件があったが報道されていなかったと聞いています。マスコミは、少年のやったことや、周囲の反響を週刊誌的に報道するのではなく、事実と問題点、解決・改善の方策・方向性を追求して行くべきだと思います。
  3. 地域で発生した事故・事件を周知させる仕組み、データベース化、犯罪者情報の充実を図るべきと考えます。逆に言えば、犯罪者の人権に偏った(被害者の人権を事実上無視するかのような)議論は止めて、プラグマティックな議論を展開すべきです。今回のような事件では、少年と言えども実名報道を検討すべきと思います。
  4. 触法少年が更生できるか否かは難しいところですが、サディスティックな性格や異常な性的衝動に走る傾向にある人物は、更生できない可能性が高いと思います。
  5. 宗教ならすべての罪人が更生できると考えてもいいでしょうが、現実の人間は必ずしもそう簡単にいかないことを認めざるを得ないのではないでしょうか。
  6. なお、話はややずれますが、義務教育の段階から、倫理はしっかり教えるべきだと思います。人間は誰しも過ちを犯すおそれがあるものですが、しっかりした倫理観があれば、過ちを犯すリスクを極小化できると思います。

(A6M2)

『私の視点』に戻る


関連情報

Newsweek日本語版ewoman特別購読プラン



e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english