自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第105回 正岡 裕志さん

win-win

105
正岡タオル株式会社代表取締役社長
正岡 裕志さん

大正12年の創業なんですよ

佐々木

小さい頃からタオル屋さんの息子として育ってきたから、もう、この仕事を継ぐもんだっていうのは、ずっと昔から思ってたのですか。

正岡

そうですね。大学を卒業するときに就職活動をしたんですけど、やっぱり「家が商売していて長男なら、採らない」っていう企業がほとんどだったので。

私も数社受けたんですけど、全部最終面接で断られまして、結局、親父に「もう、全部落ちたから就職するところないわ」っていったら、「じゃあ、お前、大阪のここに行け」って。

それで行ったところが、うちのお得意先さんでもあったんですけど、タオルの問屋さんだった。3年程、そこで丁稚奉公みたいなのをして、それで帰ってきて17年経ちました。

佐々木

社長になられたのはいつからですか?

正岡

名ばかりですけど、33歳のときです。25歳で戻りましたから、8年目ですね。

佐々木

たしか、正岡さんが三代目とうかがいましたから、おじいさまが会社を作られたんですよね?

正岡

そうですね。大正12年の創業なんですよ。

佐々木

その頃から、今治はタオルの産地だったんですか?

正岡

明治時代に、タオルという織物が流行り始めた。で、昔はタオルも大きく儲けていた時代もあったみたいなので、死んだじいさんがお金を貯めて、中国の銀行に預けていたらしいんですよね。一生分暮らせるお金はあったみたいですけど。でも、よく親父の話を聞くと、戦争が終わってみたら、そんなお金、もうどこにもなくなっていたって。

佐々木

預けた場所が悪かったんですね。

正岡

何で日本じゃないんだよ、みたいな話ですよね(笑)。

佐々木

それで、お父さまは、また一から引き継いでこられたんですね?

3/26

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english