自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第119回 久保純子さん

win-win

119
フリー・アナウンサー
久保純子さん

初めての番組がブロードキャスターだったので

佐々木

今、ブロードキャスターをやっていて、どうですか?

久保

あのスタジオには、生放送ならではの特別な緊張感があるので、最初の1年、丸2年、もっとかな。今、4年ですけど、どうしていいか分からなかったですね。

佐々木

とてもきちんとしているし、私はものすごく緊張します。今まで一度も、自分らしく、自分の言葉で話せたことがないんです。毎回、ひどく落胆しています。

久保

NHKを出て、初めての番組がブロードキャスターだったので、そういった意味では、「こういうものなのかな」と。形が分からなくて、自分の居場所をいつも探していました。

佐々木

だからか、初めの頃、あまりお話しにならなかったですね。

久保

なかなか慣れなかったんですよね。なおかつ、ニュースから大分離れていたので、それまでの知識がなかったし、変なことを言ってはいけないと思って。今ようやく「3年前の、あの事件があって、今日の事件か」ということが、点が線になっていっている、という感じだと思います。ちょっと慣れてきたかな、と思います。

佐々木

私、一般的に、報道のあり方については、いろいろ考えることがあるんです。子どもが関係するニュースはどこまで詳細を伝えるのがいいのか、とか。

久保

模倣事件が多発していますものね。昔も、きっとあったんだろうな、というニュースを、あまりにも大々的に長く詳細に、必要以上に伝えているからこそ、また、二次的な犯罪が起きるのかな、という恐ろしさがありますよね。

佐々木

例えば、私が小学校のころは「虐待」っていう言葉も知らないし、「自殺」とかいう言葉も知らなかった。でもわが子は、さまざまな出来事を知っている。

久保

分かります。事件用語のみならず、例えば「DV」ということもそうですし、「公園デビュー」みたいなこともそうですが、表面化させてしまったばっかりに、そこばかりが過度に取り上げられる危険性があり、それによって苦しめられる人がいたり。今、どのニュースをとってみても、過度に伝えすぎているな、というのはありますね。

佐々木

ただ、今の時代に、一つの番組だけが詳細を伝えないということをすると、細かく伝えている番組に視聴者を取られちゃうっていうことがあるんでしょうね。

久保

そうですよね。だから、私達視聴者の意識というのも、きっとあるんだと思うんですけどね。

17/23

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english