自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第129回 伊勢崎賢治さん

win-win

129
東京外国語大学大学院教授
伊勢崎賢治さん

紛争屋っていうのは、紛争に巣食っている

佐々木

ご自身は「紛争屋」って呼んでいるんですか。

伊勢崎

はい。

佐々木

でも平和屋なんじゃないですか?

伊勢崎

いや、紛争屋っていうのは、紛争を巣食っているから。紛争を糧に生活しているんです。僕らが今までやっていたのは、いわゆる火消しですよね。紛争をどうするかっていうのは、だいたい、それが起こってからなんですよね。火消しは華々しいですから、火事場に駆けつけるのと同じで、非常にヒロイックですし、脚光も浴びますし、お金も儲かるわけですよ。その業界があるんですよ。

佐々木

紛争解決屋ね。

伊勢崎

解決もしないです。

佐々木

解決もしない?

伊勢崎

紛争処理って言ったほうがいいですね。あるいは、気持ちの上で、やっぱり紛争を、新しい紛争が起こるのを心待ちにするような……。

佐々木

刺激を求めて?

伊勢崎

そういうようなのがありますね。次の食いぶちを……。安全になってくると、火消し屋のニーズは下がってきますし。だから、非常に危険な業界なんですよね。

佐々木

平和になったら仕事がなくなる、と。

伊勢崎

そうです。でも紛争屋だけじゃない。だって、NGOだってそうじゃないですか。あれだって、紛争が起こって人道的ニーズがつくられることで食いつないでいるので。ジャーナリストだってそうじゃないですか。我々一般市民だってそうでしょ。戦争が起こると皆、ビール飲みながら、紛争情報を戦争文化を消費しているわけですよね。だから皆、紛争業界の一員なんですよ。

で、たぶん損をするのは、被害者だけですよね。それ以外は全部、ある意味、戦争から裨益している。だから、そういう反省も込めて、小さな予防っていうことを、これからやらなきゃいけない。で、何をやらなきゃいけないかっていうのは、もう分かっているんです。

24/30

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english