自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第141回 吉田和正さん

win-win

141
インテル株式会社代表取締役社長
吉田和正さん

いろいろな状況でもベストの結果を出していく

吉田

具体的には、とにかく、自分がドライバー(操縦者)としてリードすることが一番大事だということを、まず思ったのです。つまりまずは自分がドライブして結果を出さなきゃいけない、だからペースをもっと上げなきゃ、と焦っていたと思います。

それで周りの人たちのペースを無視してしまったり、自分のスピードを物差しにして他の人たちを判断したり。そうすると、当然ペースが合わずに仕事がうまくいかない。そしてその対処方法もよくわからない、そんなことがずいぶんとありました。一生懸命、コミュニケーションするのですが、やっぱり自分の思いが強すぎるからか、周りとのギャップが生まれてしまう。まあ、空回りしていました。

佐々木

それで2年ぐらい経ったときに、あ、これは違うなと思ったということですか。

吉田

はい。

佐々木

今は、リーダーシップとは何だと。

吉田

それは一言では言えないと思います。けれど、やはりインテルの日本でのトップなのですから、テクノロジーに関しての知識やビジョンの実現に向けた活動、それから、組織の開発や個人の育成について、またコミュニケーションのスキルなど、いろいろな面でたくさんの仕事があります。つまり、常に全体を見ながら仕事のプライオリティー(優先度)を決めて物事を前に進めてくことが重要だと思います。仕事をしていて“これでよし!”とか、組織のマネージメントで問題がないという状態などは決してありませんし、予算は常に足りません。人的資源も同じです。つまり、簡単に達成出来るような目標はそもそもあり得ませんし、目標は常に高く、そして深く考え、新しいアイデアやイノベーティブなアプローチをしない限り、求めている成果が出ない状態をキープし続ける、そういう組織運営を心がけています。

佐々木

条件がそろわない中で、何をどういうふうに配分したりモチベートしたりするかっていうのが社長でありリーダーの仕事であるということですか。

10/17

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english