自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第141回 吉田和正さん

win-win

141
インテル株式会社代表取締役社長
吉田和正さん

新しいものを自分の生活の中に取り入れていく

吉田

やはり、一番皆さんにお伝えしたいことは、新しいものにまずは興味を持って欲しいですね。どんな製品なのかな、前とどう違うのか、何が出来るようになったのか、そんなことを考えながら、必要だと思える部分を自分の生活の中に取り入れてみよう、そういう気持ちが大事だということです。自分で考えてこんなものがあればもっと自分の生活が便利になったり、楽しくなりそうだ、と思うように自分自身、常に思っています。

佐々木

何か一つ、今までの生活加えてみる。

吉田

ライフスタイルを変えろと突然言われても、抵抗あると思いますし現実的ではありません。だけど何かを付け加えてみたらっていうのは自然に受け入れられると思うのです。

例えば、先ほど社長の話になりましたけれども、僕もいろいろと変わったとは思いますが、ベースラインの自分らしさは変えていないと思います。例えば変わった部分は、何かを持っていなかったものを、または必要とされるスキル、考え方を、付け加えてきたところだけです。それで成長したり、夢が現実となったりする。ライフスタイルも同じではないでしょうか。

佐々木

そうですね。視点が増えますからね。

吉田

例えば、自転車を買えば、ライフスタイルが変わりますよね。ポータブルナビを買えば、それで遠くに旅行したくなる。新しいものを取り入れることで何か発見もあるでしょう。そもそも日本人は新しいもの好きだと思います。だからこれからも消費は増えると思います。でも実を言うと逆の考えも常に自分の中にあって、単に消費だけを促してはだめで、あくまでもものを大切にする考えの上に、それぞれの消費を考えなくてはならないと思います。大量生産、大量消費、大量破棄だけのサイクルだと地球を壊してしまいます。いまこのような現実に直面している時代ですから、消費に関してとても成熟している日本人が“地球に優しい”次世代の消費のモデリングを構築できれば素晴らしいと思います。

佐々木

変わるし、「楽しみ」が増えるっていうことですからね。

吉田

そうです。消費することによって第2、第3の新しい“モノ”が生まれ、また育っていくわけですね。

佐々木

「ちょっとやってみようよ」っていうムードをもっと作っていきたいということですね。

吉田

そうです。みんな楽しいものが好きですから。でもトータル的にバランスのとれた消費をそれぞれが考えることも同時に必要だと思います。

16/17

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english