自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第142回 吉岡徹治さん

win-win

142
(株)プライム・ヒル代表、ジュニアゴルフマジック監督、代々木高等学校ゴルフ部監督
吉岡徹治さん

ゴルフクラブを組み立ててみたり、分解してみたり

佐々木

それで、大学を出て、学校の先生になられた。

吉岡

公務員ですね、普通に。公立の中学校に勤めたんです。理科とか、物理学とか。

佐々木

で、どこでゴルフが始まったんですか?

吉岡

教師時代に覚えたことなんです。技術家庭の先生で、すごくゴルフが好きな友達がいて、そいつの技術家庭科室に、放課後とか空き時間とか入り浸って、ゴルフクラブを組み立ててみたり、分解してみたりとか。そいつがすごく詳しかったんで、技術家庭の道具で。

佐々木

なぜクラブを分解するところに?

吉岡

凝り性なので、道具をいじってみたり……。まずスイング理論から始めて、ゴルフの歴史を勉強し、道具を組み立てるところから。

佐々木

よくわからないです。お友達がゴルフが好きだって、そんなに突然、自分がゴルフが好きにならないじゃないですか。

吉岡

何か面白かったんですよね。音楽をやめて、次に何か面白いことがあるかなあ、と思っていたところでしたから。

佐々木

引きつけられるものがあったんですね。

吉岡

そうですね。で、その彼が、すごく知識が深かったんで、そいつとしゃべっているうちに、すごく好きになって、入り浸っては、そこでいろいろやっていたんですよ。クラブをいじくってみたり、勉強をしてみたり、楽しかったですね。インターネットもなかったんで、自分達で資料を探してみたり、もちろんゴルフに行ってみたりとかですね。

そうこうしているうちに、子ども達にゴルフをどこかで教えてあげたいなと思って、公立学校でゴルフ部を作ったんです。

佐々木

でも、自分が24歳で始めて、子ども達に教えてあげようっていうようになるまでには、随分長い期間がかかりそうです。

吉岡

10年ぐらい。

佐々木

それは、土日にゴルフをやりに行ったりしていたってことですか?

吉岡

やりに行ったりしていましたね。

佐々木

じゃあ、やっぱりセンスがあった。

吉岡

いや、全然ですね。今思えば、ひどいもんです。もっとちゃんと教わっていれば、もっとちゃんと……。

佐々木

ゴルフをできたかもしれない?

吉岡

上手くなったかもしれない。僕も石川遼になれたかも分かりませんけど。あはは、なれませんね。

佐々木

だけど、教えるということと、好きだということと、全部が融合したんですね。24歳のときには、まさかゴルフの先生になるとは思わなかったでしょう?

吉岡

全然、全く思わないですね。

23/27

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english