自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第143回 秋池玲子さん

win-win

143
ボストンコンサルティンググループ パートナー&マネージング・ディレクター
秋池玲子さん

事実を突きつけていくしかない

佐々木

確かに。コンサルに高いお金を払って依頼をしてくる余裕のある企業と、再生機構に「お願いします」っていう企業とは、経営者の腹の据わり具合が違いますからね。いろんなコンサルティング会社が「こういうのはどうですか?」と提案するものを、企業の経営者側がどこまで真剣に受け取って実行するかにかかっていますから、ね。

秋池

そうですね。だから、頼んでいらっしゃるということは、ご自分たちではもうこれ以上はできないと思われるので、そういう意味では、ご依頼になる方はその気があるんだけど、別に赤字でもないときに将来を見越して改革に取り組むことを、社員達にどう分かってもらうのかとか、なぜ赤字じゃないのにこの事業を止めるのかを説明するのは、工夫が必要ですね。

佐々木

そうですね。

秋池

そういう場合は、「このまま行ったら、こうなってしまう」という事実を見ていただくしかないですね。もしかして佐々木さんのお仕事も、そういうのに近いのかなと思ったりするけど、市場の状況、競争相手がこんなに伸びている、新興国からこんな企業も出てきている、一方で、日本の市場はこんなに縮んでいる、というようなことを、ゆがみのない事実を示しながら分かっていただくしかありません。

それを、説得力を持って語ろうとするときに、第3者の役割があるのかもしれません。社内だと経営企画の都合のいいようにやったんじゃないか、と、疑われてしまったり。

佐々木

そうですよね。情報も操作できるし、データも作れるから。

秋池

本当はそうではなくてもそう思われてしまうことはありますね。当事者同士で出来れば一番望ましいのでしょうが、なかなか難しいところがありますよね。

佐々木

日本の企業がもっと経営力を上げたらいい、ということなんですが、たぶん仰るのは、もう少し科学的に経営を行えるようにということでしょうか。アメリカやヨーロッパがよろしいかどうかは別として、欧米諸国の企業と比べた場合に、日本の経営はあまり科学的ではないのかな、ということでしょうか。そうすると、いろんな技術や知恵や理論を駆使して、経営をもう一回見直せば、本当は日本の中でもっと伸びていったり、世界に発信できたりする企業がある、と。

13/24

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english