自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第22回 久米麗子さん

win-win

22
スタイリスト
久米麗子さん

まず、「覚えてもらう」。でも、「人」が大事。

佐々木

初めて『ニュースステーション』に出演するリハーサルの時に久米(宏)さんがカメラに「かをりちゃんはもう少しアップに撮って」と言ったんです。それは、顔の力がないわたしをなるべく覚えてもらうように画面の占有度を考えてくださったんですね。

人に覚えてもらうって大切なことですよね。

久米

大切なことだと思います。たとえ発言が間違っていたとしても、覚えていただかない限り、テレビでは、次のチャンスはいただけないんですから。

たとえば、赤い花柄のフリルの洋服で毎回『ニュースステーション』に出てニュースを読んでいたら印象に残りますよね。全部が全部、形よく、洗練されているのがいいとは思わない。

コマーシャルを例にして考えると、よくわかると思うんです。

スタイリストが割烹着のおばさんをスタイリングしている。与えられた宿題に対して何を提出するかが現場ですから、割烹着を着てニュースを読んでいる人がいたっていいわけだし、すごく印象に残ると思います。もし、それがベストな方法だと思ったら、わたしもそうしますね。

佐々木

わたしがユニカルを27歳で設立した時には、「20代のわたしたちが一生懸命仕事をしていることを伝えるためにスーツを着ようよ」とスタッフに言っていました。起業したばかりの若者がセーターやブラウスでは誠実さが伝わりにくいのでは?」と思った。「中も外も見てもわかるようにしよう」ということをずいぶん言い続けました。

久米

それも時代だと思う。たとえば戦争があったから男性のスーツが3ピースじゃなくて2ピースになったのよね。それから第二次世界大戦以降テーラードスーツを女性も着るようになった。女性の社会進出がスーツとつながった。

キャリアウーマンといわれた時代には、ピンストライプとかチョークドストライプなどのメンズのテキスタイルが入ってきた。同時に今度はレディースの要素がメンズに取り入れられ始めた。加えて作業着やスポーツウエアもね。

だから21世紀は、わたしの夢でもあるんだけれど、「共生の時代」が来たなと思っているの。

佐々木

え、いいなあ。服もジェンダーフリーですか。

久米

そう、ジェンダーだけじゃなくて職業も超えちゃう。

作業着を基本にした、シルクのワークパンツがつくられ始めた。わたしもつくったけれど、それでパーティーに行ったりするのね。

スポーツウエアをスポーツ選手じゃない人たちがコレクション会場のステージの上を歩いているわけじゃない。

佐々木さんが交渉に出向いて行くとき、バリバリのキャリアウーマンに見えようが見えまいが、「この人は誠実に仕事してくださる方かな」っていうのが10分間でちゃんとプリゼンテーションできれば問題ないと思う。

たしかに視覚も大事だけれど、人が一番大事。

佐々木

着るものは何でもいい、と(笑)。

久米

そう。格好は大事だけど、それだけで人を認め合うのはもうとっくにやめているんじゃない? 逆に日本人は、そうならないといけないんじゃないかと思います。

7/11

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english