自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第40回 枝廣淳子さん

win-win

40
同時通訳者・環境ジャーナリスト・セルフマネジメントコーチ
枝廣淳子さん

水俣市の「ゴミュニケーション」

枝廣

今、水俣市って、ゴミを何分別してるか、ご存じですか? 

佐々木

9とか11とか?

枝廣

23分別なんです。

佐々木

23!?

枝廣

碧南市というところは32分別だそうですけど。で、その水俣の面白いのは、各地域にゴミステーションがあって、そこにはボックスがたくさんあるんですね。

毎週1回、決まった時間にそこに来ておしゃべりしながらゴミを分けるんです。「今日はあそこのおばあちゃん、いないね。どうしたのかな、ちょっと寄ってみようか」というふうに、地域のコミュニケーションをしている。それを水俣の吉井前市長は、「もやいなおし」と言っていました。窒素の問題で、人間関係がぐちゃぐちゃになっていたのを環境やゴミ分別で「もやいなおす」(結びなおす)から、「ゴミ」ュニケーションだ、と(笑)。これを英語でどう訳そうかと思ったんですけど(笑)。ゴミを分けることで「つながる」、すごく面白いですよね。日本に限らず、環境って資源を守るとかゴミを減らすとか、それは表面的なことで、それを使って何かもっと大きなことができると思うんですね。

佐々木

そうですね。夏にハワイ島に行ったんです。野生のイルカと泳ぐということで。で、海にもぐる前3日間、わたしたち家族にトレーニングしてくださったコーチの方が「まずは海辺のゴミ拾いから始めましょう」と言うんですね。5歳と10歳に「地球上でゴミを出してるのは人間だけでしょう。だから人間が拾わなくちゃいけないんだよ。海で泳がせてもらったり、山を歩かせてもらったりする時は、まずゴミを拾おうね」と教えてくださったんですね。

そして「ゴミの種類を見てみよう」「ゴミを分けてみて、何が多いだろう?」。たばこの吸殻が多いと、「これ1本が海に入ってから、形がなくなるまで何年かかると思う? 20年から30年かかるんだよ。」 子どもが「ええっ?」なんてビックリしたりして感心しながら生活したんです。

そういうわけで、ハワイにいる間は毎日、海で泳ぐ前にゴミを集めることから始まった。すっかり子どもの生活の一つになりました。ただ「ゴミを分別しましょう」と言うよりもストーリーがあって学ぶと印象にも残る。うちの子どもはたぶん今後、山や海に行ったら、ゴミ拾いから始めると思うんですね。

9/19

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english