自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第43回 菅原真樹さん

win-win

43
フリーダイビングトレーナー・アプネアフォトグラファー
菅原真樹さん

呼吸は、誰が伝えてきたんだろう

佐々木

教えていただいた呼吸法は、基礎運動をして、リラックスして、ゆっくり呼吸をしていくわけですが、ご自分で呼吸の仕方や教え方などを研究されているんですか?

菅原

やはり最終的なところは、自分を分かりたい、ということですね。内側をどんどん分かりたい。自分はどういうふうに生まれてきて、どういう生き方でここまで来たか、っていうことを知るために、海に入るようになってきたんですね。

で、そのために呼吸法もとっても密接な関係があった。呼吸することを誰が伝えてきたんだろう、っていうふうに思うようになったわけですね。

その極めてシンプルにそれを続けていると、ある時、そこに生まれてくる自分の内側に眠る太古のDNAの記憶であろうとするものが突如蘇ってくる瞬間があり、その教えが私が人に伝えようとするとても重要な独自のフリーダイビングメソッドの研究材料となるわけです。

佐々木

教えないのにね。生まれた瞬間から呼吸ができるんですからね。

菅原

そうですね。深呼吸をしたりとか、そういうことは何か記憶の中にあったものが出てくるものであって、誰が教えたものでもない。

実際、赤ちゃんは生まれてから、完全な形で腹式呼吸をしている。でも大人になると、クラスでやってみると、腹式呼吸とかできないという人もいる。

佐々木

私もうまくできない(笑)。

菅原

でも、必ず、かをりさんの中にも記憶はある、確実に赤ちゃんの時はね、素晴らしい呼吸の達人であったわけですね。でも、私には必要ないよって自分でフタをしてしまっていることが多くて。遠い昔には必要だったことが、今の時点ではそのドアを開ける必要もないと勝手にむりやり教育した瞬間がどこかであったのだと思うんです。

でも、海に極シンプルに入る事で、それは私にとってはもう一度必要なものだって教えてくれたのです。そしていろいろな感覚・・・、普段の生活の中にも五感を研ぎ澄ませるっていうことに、だんだん興味が移ってきましたね。

佐々木

海に潜るというのは、私などは、熱帯魚が好きだからで、きれいな魚が泳いでいると幸せな気分になる。その程度のものですけれども。

菅原さんは、違うでしょう? 水深1500メートルのブルーウォーターに連れて行っていただいたとき、海の中に消えていかれましたよね。別に魚がいるわけでもない。「今、どのくらい行ったんですか?」って聞いたら、「30メートルくらいかな」って軽くおっしゃってましたけど(笑)。

6/25

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english