自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第57回 茂木 健一郎さん

win-win

57
脳科学者 ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー
茂木 健一郎さん

ユーモアのセンスは自分を客観的に見ること

佐々木

客観的に見るということについてですが、私自身、自分を客観的に見る能力に優れていると、思っているんです(笑)。20年来の顧問弁護士からも珍しいくらい客観的に見られる人だと評価されて(笑)。

茂木

それは、ユーモアのセンスなんかもそうなんですよ。

佐々木

私、ユーモアのセンスはないんです。

茂木

そんなことないじゃないですか(笑)。ぼくイギリスのコメディがすごく好きで、DVDでおそらく50枚くらい見ている。つまり笑いって、重要なことは、これは外から見ないと笑えないということです。笑いって、何か見て笑うでしょう。『モンティ・パイソン』でもいいんだけれど。笑いの原因になっていることって、せりふの中には入っていないんですよ。必ずせりふというか、会話の流れ自体を外から見ないと笑えないんですね。

だから、笑うことができるっていうのは、メタ認知のひとつのあらわれです。自分を客観的に見るというのは、ある意味では自分自身を笑える余裕を持つということにもつながるわけですよね。

佐々木

ああ、それはできます。自分のことを外から見て笑うのは、いつものことです。

茂木

それはぼく、すごく重要なことだなあ、と思います。あまりシリアスな人よりちょっと余裕を持って見られる人というのが望ましいんじゃないかなと思います。

11/25

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english