自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第75回 津山 直子さん

win-win

75
日本国際ボランティアセンター(JVC)南アフリカ現地代表
津山 直子さん

白人用の病院も、今は様々な人種が

佐々木

そうだ、私、91年に撃たれて、病院4軒回って……。

津山

最初に行かれたのは、たぶん「ヨハネスブルク病院」、当時の公立病院?

佐々木

それはね、3つ目。

津山

ああ、それが「ニュースステーション」の映像で残っていたのを見ました。ヨハネスブルク病院は、白人用の病院だった所が、今はすべての人種になって、今はほとんど黒人の患者さんです。

佐々木

私が撃たれたときは、初めは、撃たれたのがソウェトの中だったので、ソウェトの病院に駆け込んだんですよ。

津山

じゃあ、バラグアナス病院ですか?

佐々木

うーん、なんだかわからないんだけど。

津山

大きな?

佐々木

いや、もう、小さい、なんか、診療所みたいな、小屋のような。

津山

なんで撃たれたんですか? 警察との……警察と住民とのなにかに巻き込まれた?

佐々木

インカタのデモンストレーションを取材していたんです。彼らが、ANCの居住地を通りぬけるところを撮ろうとしていたところ、撃たれた。警察とか軍が来ているので安全かなと思ったんだけど。

津山

足でしたよね。

佐々木

そう。摘出した弾を、持って帰りたいと思ったんですが、警察官が、私の手術室まで来て、私が麻酔が覚める前に持って帰っちゃったんです。その上、「『私は、誰が撃ったか見なかった』という紙にサインしろ」って。その前に催涙弾も投げられて……。

津山

本当に、当時は、そうやって毎日のように催涙ガスを撒く装甲車が……。

佐々木

もう、すごかったですよ。私、死ぬかと思いました。それなのに、催涙弾を撃たれたあとに、もう一回同じ所に車に逃げ込んで、「ああ、死ぬかと思った。じゃあ、もう一回行こう」って言って、すぐ車から出てったら撃たれたんで、しつこいと思われたんです、きっと。怖いもの知らずで(笑)。

津山

うーん、そうですね、一応、取材許可は与えたけども、やっぱりちょっと撮られるとまずいと思ったんですかね。

17/28

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english